よのすけ.com

「自分を変えたい」そう思うあなたにきっかけを。

あるトークセッションに参加して。他人に変に思われるのが怖くて、自分の言いたいことを言えなかった話。

あるトークセッションに参加しました。

 

ゲストは2人。

いばや通信

みっつ通信

 

その2人を参加者たちで囲んで互いに質問しあったりする形式でまさにセッションだった。

 

ゲストさんが「どんな質問でもいいです」と言ってくれたので、僕はどうしても聞きたいことがあった。劣等感についてだ。

人と自分をどうしても比べてしまう。それが向上心につながるならとても良いことなんだろうけど、僕の場合は違う。

「あの人に比べて俺は…」と思って落ち込むことが圧倒的に多い。

これはすごく恥ずかしいんだけど、例えばテレビで石川遼くんがでてくると「俺より年下なのに人生めっちゃ謳歌してる…」なんて落ち込む。(当たり前だボケ、俺がミニ四駆とかポケモンで遊んでた時に彼は血が滲むような努力をしてきたんだから)

 

質問しよう!こんな凄い人たちなら僕を導いてくれるかもしれない!

 

 

 

 

 

 

…質問できない。

 
 
質問しようとした瞬間にある思いがこみあげてしまい、体中から汗が吹き出して口が動かなくなる。
 
 

こんな質問していいのかな…他の参加者やゲストたちに「この人頭おかしい」って思われるんじゃないかな。

 
 
恐怖で仕方なかった。
 
 

でも…あと30分でトークショーが終わってしまう…

 
 
こんなに緊張したのは久しぶりだった。好きな女の子に告白した時(ふられた)と同じぐらいの勢いが必要だった。
 
 
 
はっきり覚えてないけど、本当に遠慮なく聞いて下さい、みたいなことをゲストさんは言ってくれて、勇気を振り絞って聞いた。
 
 

「すみません、僕はこうこうこうで〜(省略)人と比べたり劣等感を感じたりすることはないですか?」

 
 
 
今思えばすごく失礼な質問かもしれない。でもゲストさんは答えてくれた。まず1人の方がひとつひとつ言葉を紡ぐように優しく答えてくれた。
 
 
それは僕の心を軽くしてくれた。その方の話す姿がまず心を洗ってくれる感覚になって、答えてくれた話も僕の気持ちにすっと入った。
 
 
 

 

しかしその後、放心状態に陥ってしまった。

 
頭が真っ白になった。せっかくもう1人のゲストさんが話してくれたり、他の参加者がそのことについて話したりしてくれたのに、全く頭に入ってこなかった。
 
 
 

質問の答えを知るより、質問できたことに満足してしまった。

 
 
 
しばらくしてから我にかえった。
 
その後の時間、心がすごく軽くなり、楽しむ余裕ができて、さらに良い時間を過ごせた。
 
 
 
 
 
 
 
 

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
自分を出すってどれだけ気持ちいいんだろう。
多分ないけど、もしかしたら他の参加者やゲストさんたちに「頭おかしい」って思われたかもしれない。
 

でもいいんだ。そう思われることよりも自分を出せたことがすごく気持ちよかったから。

 
 
 
今まで本当に周りに嫌われないように生きてきた。イエスマンで嫌なこともいやだと言えなかったし、自分の感情を殺しまくってきた。
だから自分の言いたいこと言えた時は最高だった。
 
 
 
そのトークセッションで僕が一番心に残った言葉
「自分が幸せになるために生きる」ことよりも「他人に変だと思われないように生きる」ことを優先してる人がわりと多く感じる。
 
 
この言葉がこの数日間、どれだけ僕を勇気づけてくれているか。
 
 

 

 
トークセッションでは本当にいろんなものを持ちかえれた。その日が僕の25回目の誕生日だったんだけど、最高のプレゼントになった。
 
 
 
この日いちにちで僕は完璧に生まれ変われたわけじゃない。でも少しずつ変われてきている。
 
昨日も会社の同僚との飲んだ時に、なかなか言いずらかったあることを言えたのだ(そしてさいこうに楽しい時間になった)
 
 
 
変に思われてもいい。頭おかしい、キチガイだと思われてもいい。
 
 
まずは自分が幸せになることがいちばん大事だ。
 
 
 
少しずつ変わる努力をしていきたい。
 
そして幸せになるために生きていきたい。