よのすけ.com

「自分を変えたい」そう思うあなたにきっかけを。

太陽族・花男の歌を聴いてあきらめた夢を思い出した


数年前。ぼくはいつも悩んでた。何に悩んでたかというと、この先の自分の将来について。



夢もなく、これから人とうまくやっていく自信もなかった。


当たり前だけど将来の自分がどう生きてるか全く分からなかった。



でも数年経ってなんとかなった。うん、なってる。ほどほどには人と話せるし、ちゃんと就職もした。仕事もまあまあうまくやっている。




「将来のことで悩んだって意味はない」


数年経って分かったのがこれだ。









そう。もう悩む必要はないんだ。










そう、これでいいんだ。












いいんだ。










いいんだ。












いいのか?













自分の心の中にどこか違和感を感じる。




未来を心配するより今を精いっぱい生きた方が良のは正しい。分かってる。当たり前だ。





では本当に悩まなくなったのか。本当に悩むことが少なくなったのか。








違う。








自分と向き合いたくない







けど







多分











悩むことを辞めたんじゃなく、諦めたんだ。


スポンサーリンク


太陽族・花男の歌を聴いてあきらめた夢を思い出した

むかし、「人生の大半の時間は仕事なのだから、その仕事が自分の好きなものでなきゃ、俺の人生つまんねぇもんになる」と思っていた。


一緒に働く工場のおっさん達みて「なんのために生きてんだろ?」と思った。こんな人達みたいになりたくないと思った。


飲食店に働いた時は「自分でお店をやってみたい」とも思った。


自分の好きな音楽を流し、サンドイッチなんかを作りながらコーヒーを淹れ、お客さんに長く深く愛される、そんなお店に憧れた。



将来の自分に望んでいたことは「自分の大好きなことで飯食ってこう」ということだった。







しかし、今。



僕は介護の仕事をしている。



仕事自体は嫌いじゃないし、楽しいこともある。


だけど自分の好きなこと、音楽、飲食、なにかを表現すること、それらには全くかすってすらいない。




もちろん今からでも目指すだけならできるが、いつのまにかやりたいと思わなくなってしまった。



望むことすら辞めてしまった。















それでも今、生きていることはなかなか楽しい。



世の中、「自分の好きなことで飯を食う」以外にも楽しみを見つけたからだ。



人と接するのが楽しい。異性と話すことが楽しい。美味しいご飯を食べることが楽しい。どこかに行って綺麗な景色を見ることが楽しい。自分で飯つくって食べることが楽しい。旅行が、野球が、マラソンが、ギターが、ブログが、楽しい。



楽しいこといっぱい。どんな著名人でも、日本を支える総理大臣でさえも、こういう幸せを感じる喜びは僕ら一般人と一緒だろう。






今は諦めてる。自分の好きなことで飯を食うことを。もしいつか「これがしたい」というもんがあれば飛びつきたいけど、見つかるかどうかはわからない。



でももし見つからなったとしても、きっと自分は楽しく生きられると思う。だって楽しいことがたくさんあるもん。









そして僕にとってその楽しいことのひとつが、そう、音楽。






音楽が鳴ってるかぎり、多少の浮き沈みはありながらも、きっと楽しく生きられると思う。




www.youtube.com




太陽族 「あきらめた夢のその向こう」 ボーカル花男さんの弾き語り




夢を諦めたこと自体忘れてた。この歌を聴いて思い出せた。






今週のお題「私のテーマソング」