読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

よのすけ.com

ブログとライティングで飯食ってます。ブログを通して一つの生き方を提案していきます。

平成2年生まれの僕が今ハマってる音楽!第2弾!【不定期更新】 

こんばんは!世之介です!

僕は音楽が好きです。とても好きです。僕の大好物はシーチキンの缶詰にマヨネーズをどばっといれてぐちゃぐちゃに混ぜてそれをごはんと一緒に食べるというものなんですがそれよりも好きです。わかりにくいですね。



第1弾はこちら!

journey.hatenadiary.com


タイトル通り定期的に更新しようと思ってたんですがそんな簡単にハマる音楽がいれかわることもなく、結局2ヶ月後の今、やっとこうして第2弾を書いてます。


ギリギリ平成生まれの僕がハマってる音楽!それでは紹介していきまーす!

平成2年生まれの僕が今ハマってる音楽!第2弾!【不定期更新】

まず入りはこれ!

www.youtube.com


楽曲、というかCM。パナソニックのふだんプレミアムのコマーシャル。


僕はなかなかテレビを見ないんですが、たまたまテレビをつけた時にこのコマーシャルが流れてきて「おぉ!?」と思いました。コマーシャルによく使われがちなイケイケ系の曲でも誰かのカバー曲でもない感じ。


これ、なんていうジャンルなんだろ?ボサノバ?わかんないけど、休日の朝にパン焼きながら聴いていたい音楽。


誰が歌ってんだろ?って思ってYOUTUBEの曲紹介みてみたらどうやらMICHAEL KANEKO(まいけるかねこ)という方らしい。作詞作曲は永井亮という方。


「誰それ?」と思ってYOUTUBEで検索してみたらこんな感じでした。

www.youtube.com


驚いたのはみんな観覧数が少ないということ。コマーシャルに抜擢されながら動画の観覧数が10000を超えてないという。


個人的にこういう無名のアーティストがコマーシャルに使われるということはなんだか嬉しい。いいぞパナソニック!ソニー派だけど!


これからのMICHAEL KANEKOさんという方の活躍に期待!






続いてこれ!



www.youtube.com


太陽族というバンドのボーカル・花男/裸電球


バンドを辞めて医者を目指してる友人に送ったという楽曲。


この曲に関しての思いは全部こちらに。

http://journey.hatenadiary.com/entry/2015/10/09/210000journey.hatenadiary.com



前みたいに意味もなく世の中を嫌う自分ではいたくないけど、「世の中そういうもんだよ」という大人に「んなこと知らねえよ」と思えるような自分ではいたい。




広告



最後!

www.youtube.com


地獄でなぜ悪い/星野源


まず星野源のPVの中で唯一アニメーションなのは彼が入院していたから。


2012年にくも膜下出血で倒れ、一時活動中止。それから復活するも定期検査の際、手術した個所の状態が万全ではなく再入院。


夜、病室にて部屋の電気を消すと、隣のベットから声が聞こえてくる。



「痛い」


「寂しい」


「辛い」



暗闇の中何気なく書いた歌詞からそのままスラスラと筆が進み、この曲ができあがったそうです。

病室 夜がこころをそろそろ蝕む

唸る隣の部屋が 開始の合図だ

いつも夢の中で 痛みから逃げてる

あの娘の裸とか 単純な温もりだけを 思い出す


星野源/地獄でなぜ悪い より引用





明るい歌詞を明るい曲調で歌いあげてる歌は世の中溢れかえってるし、暗い歌詞を暗い曲調で歌いあげてる歌も多い。ではその逆は、どのくらいあるんだろう。


この曲ができた経緯を紹介されている本を読む限り、想像もつかないぐらい心身ともに辛い時期を過ごしていた彼。


そんな本人が「無駄だ ここはもとから 楽しい地獄だ」なんて歌ってるもんだから、落ち込んでる時も変にポジティブになる。落ち込むとスマートフォンでユーチューブ開いてこの曲聴いてる。




来月に新しいアルバムが発売され、来年にはツアーもするということで今は元気そうな星野源。これからもたくさん本を書いてほしいし、もちろん歌もたくさんつくっていってほしいです。ツアー絶対行こう。



http://journey.hatenadiary.com/entry/2015/10/18/210000journey.hatenadiary.com

journey.hatenadiary.com

journey.hatenadiary.com

平成2年生まれの僕が今ハマってる音楽!第2弾まとめ!

以上!こんな感じ!


これ書いてて思ったけど、いつかこのシリーズを読み返すのが楽しそう。「あ、昔この歌が好きだったんだ」って。


その時によって好きなジャンルも好きな楽曲もぜんぜん違うんだろうけど、きっといつになっても「音楽」は好きでいつづけるんだろうな。