読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

よのすけ.com

ブログとライティングで飯食ってます。ブログを通して一つの生き方を提案していきます。

「オススメの日記手帳は?」って、なに使うかじゃなくてどう使うかじゃないの?ほめ日記とか夢を毎日書くとか。

この時期、ネットではどこの日記を使うかって話題になってますね。


僕も去年のこの時期はなんの日記を使うか迷って、結局ぶなんにほぼ日手帳にしました。

f:id:journeykk:20151123093639j:plain

journey.hatenadiary.com


僕がほぼ日手帳をえらんだ1番の理由は「1日1ページ」というところ。ページをめくるごとに「今日も1日が終わるんだな」と毎日をちょっとだけ大事にする気持ちを持てるようになりました。(案外1日1ページの日記帳ってないんだよなー)



それで、「来年はなんの手帳を使おう。やっぱほぼ日かなー」なんて思ってたんですが、ふとこんなことを思いました。


なにつかうかじゃなくて、どう使うかじゃないの?



手帳に人一倍機能を求める人なら重要かもしれませんが、「日記とスケジュール表なんかがあればいいよ」なんて人は、どこの手帳を使うかよりもどう使っていくかが重要になる。


今回は自分のためにも手帳の使い方を考えていきたいと思います。

スポンサードリンク


「オススメの日記手帳は?」って、なに使うかじゃなくてどう使うかじゃないの?ほめ日記とか夢を毎日書くとか。

夢を紙に書く


これ、結構いわれてますよね。よく「夢を実現する方法」とかいう自己啓発本で。


紙に書いたって実現するわけねーだろ!

なんて思ってたんですが、これ見て180度考えが変わりました。


ブログ好きに知らない人はいないタクスズキさんがこれをやっていたんです。

laugh-raku.com

あのタクスズキさんが!?


いちおう説明しておくとブログメディアで飯を食っている方。日本を代表するブロガーの一人かと。


そんなタクスズキさんも毎日起きた時と寝る前に、実現したい夢を書いていたそうです。

f:id:journeykk:20151230200717j:plain
http://laugh-raku.com/archives/7512より引用


ホントに書いてたんだ・・・



ちなみにこの記事見て知ったんですが、これ書くだけじゃなくて眺めることも大事だそう。付箋に書いた目標をトイレに貼っていたりもしたそうです。おれ書いただけで満足してたや。



これ、来年からしっかり実行していきます!


自分をほめるほめ日記

もひとつ!


手塚千砂子さんという方が提案した自分をほめまくる日記の使い方。1日自分が行ったことをほめながら箇条書きで書いていくやりかたです。


たとえば

仕事を頑張った!

とか

今日は自炊をした!


とかホントどんな些細なことでもよくて、毎日当たり前に行っていることをほめる。


そんなのできて当たり前だろ!


なんて思うかもしれませんが、続けてみるとあんがい自分に自信がついたりします。自己肯定感を持てるようになる。


これもやってみる価値はあるんじゃないのかな。

matome.naver.jp


「オススメの日記手帳は?」って、なに使うかじゃなくてどう使うかじゃないの?まとめ


みなさんも心当たりがあるかもしれませんが「毎日続ける」ってどんなことでも難しいですよね。ぼくなんか「玄関のくつを並べる」を目標にしてたんですが3日で終わりました。

どんなことでも「毎日続ける」。これだけですごいことなのかもしれません。



そして「とりあえずやってみる」ということ。



上のふたつをやったからって100パーセント夢がかなったりいい方向に人生が進んでいくというわけではありません。でも、どうせならやってみる価値あるんじゃね?


やらないよりはやってみた方がいい。これは確実でなにか行動を起こさないかぎりはなにも起こりません。



もしなにか実現したい夢や目標があるのなら実行する価値はあるかも。





来年は日記を書くだけではなく、使い方にこだわりながら綴っていきます!