読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

よのすけ.com

ブログとライティングで飯食ってます。ブログを通して一つの生き方を提案していきます。

コーヒーを飲みながら考え事をするか、それともコーヒーを味わうか。

f:id:journeykk:20160316121502j:plain


今を生きろ!


ってよく言うじゃないですか?過去でもなく未来でもなく今を生きろ!って言葉。


頭ではわかってるんですけど、なかなかできないことが多くて。



例えば過去の辛い思い出がよみがえって悲しくなったり。「この先の人生どうなるんだろ」って不安になることはあったり。


たぶん少なからずそういったことはみんなあるのかもしれないけど、僕はそれがものすごく多くて。おかげで目の前のことがおろそかになってることって結構あるんです。


そんな時、ある本でこんな話を読みました。

一人のある男が妻と一緒にランチを食べていた。


いつもランチをしながら話すのは朝の相談の続きや夜の予定なんかについて話すことが多かった。


だけど妻の提案で「今この時に集中してみよう」ってことになった。


男は「いいアイデアだ!」と思い、その提案にのることにした。



変化はすぐに起きた。


自分の息づかいが聞こえて、普段よりも深く呼吸してることに気付いた。


いつもより時間がゆっくりに感じられ、いつもは身体がそこにあっても思考はあちこちに飛び回ってるのに、この時は心と身体だピタッと一致した


読んだ方はどう思ったでしょうか?僕は「いい話だなぁ」と思ったけど、正直そこまでピンと来たわけではありませんでした。


コーヒーを飲みながら考え事をするか、それともコーヒーを味わうか


f:id:journeykk:20160315215315j:plain


しばらくして僕はコーヒーを淹れました。豆をガリガリ挽いてポットでお湯沸かして準備して。で、淹れ終わっていつも通り珈琲を飲みます。


コーヒーを飲みながら

「今日はごみ捨てて銀行に家賃振り込んであの人に連絡して山田電器で買い物してスーパー寄って・・・ああ明日夜勤だから今日洗濯しとこうかなぁ・・・」

なんてダラダラと考え事してたんです。


その時さっき読んだ本の内容をふと思い出しました。


今この時に集中してみよう


その言葉が頭の中でよみがえった時、一旦考え事をぜんぶやめて、コーヒーを味わってみたんです。


っんあーーー
(味わってる声)


あの話にでてきた男の気持ちがすごくわかりました。コーヒーがいつもより美味しく感じたし、なにより身体と心がピタっと一緒になってる感じがした。


その後に食べたバナナのデザートも気分で寄った近くの海水浴場も、そんでさっき食べたパンもいつもより美味しく、きれいに感じた。


f:id:journeykk:20160316121549j:plain


f:id:journeykk:20160316121555j:plain



今を生きるってこのことなんじゃないか?

身体がそこにあるのにたいして、心もおなじ場所にあるということ

f:id:journeykk:20160316121744j:plain
(今までで一番思い出に残ってる景色。北海道の夕焼け)


いろんな言い回しがあると思うけど、僕はこの感じがしっくりくる。(まあ言い回しなんてどうでもいいんだけど)


コーヒーを飲んでる時はコーヒーをしっかりと味わう。誰かと合ってる時はその人との時間を大事にする。なにかをしてる時はそのなにかに集中する。


身体がそこにあるのにたいして、心もおなじ場所にあるということ。



「あの時あいつにひどいことされたな」とか昔のことを思い出すかもしれない。たまに「あぁ明日は仕事か」とか未来のことを思い出すかもしれない。そうやって心が身体から離れてる時は「あっ、身体と心が合わさってない」なんて思って戻してあげたい。

なんというか、感じる心がもったいないもん。今は今しかないんだから。


コーヒーを味わいながらそんなことを思ったのでした!


f:id:journeykk:20160316122036j:plain