よのすけ.com

「自分を変えたい」そう思う人にきっかけを。

「別に書くこと好きじゃないわ」

f:id:journeykk:20160319125542j:plain

最近ふと思うことがある。

自分は書くことが本当に好きなのか?

ということ。





僕は自分自身が書くことが好きだと思ってた。


ブログを書いてる時間がすごく好きだし、友だち=本を作ったりもしてる。もすぐ完成だ。(本といえるほどの代物ではないのかもしれないけど)

参考:世界に一冊だけのフリーペーパーを作る! - よのすけ.com






でもふと思った。「自分は書くことが本当に好きなのか?」って。




たぶん、自分が思ってるほど好きではない。



では、なにが好きか?



自分を表現する、ということが好きだ。




確かに僕が書くことが好きなわけない。国語は中学生からほとんど通信簿2だったし、漢字なんてもう笑っちゃうほどに読めない。このあいだ「すみびばいせんこーひー」を「たんかばいせんこーひー」って読んだよ。店員さんにくっそ笑われたよ。「あずき」も「こまめ」って読んで笑われたよ。



書くことは対して好きじゃないんだ。



それでもブログが大好きなのは、自分を表現できるから。書く、ということが自分ができる数少ない自分の表現の仕方だから。


そんなことを思って、それを誰かに話したくて(でも友達いないから)、ふと大好きなブログにその思いをコメントとして‘表現‘したんだ。


osake.hatenadiary.jp



ぼく「書くのが好き!って思ってたけど最近わかんなくなってきました。でも、自分を表現するのはとても好きです。」



そしたら朝にそのブログを書かれているマリコさんからコメントが返ってきた。

多くの人が何かしらの手法で自分を表現しているんですよね。歌や絵や写真や文章や・・・・。


それで、私は書くのがとても好き、というわけじゃないんだけれど、例えば歌やそれ以外の作品にするというよりは、もっと説明したいな、言葉を尽くしたいなと思うから、とりあえず文章を書いてみるか・・・・みたいな気持ちですね。。。

すごく共感できた。そして「あぁ、この人の言葉はすごく好きだなぁ」と思った。



もしも僕がとんでもなく歌が上手かったらブログなんてやらずに歌ってるし、素晴らしい写真が撮れるなら写真家を目指してるのかもしれない。


でも歌は下手だし写真もそこまで好きじゃないから、ひとつの手段として「ブログ」を書いてるんだ。




僕はブログが好きだ。僕の数少ない表現の場だ。そして少ないながら読んでくれる人がいるから幸せだ。


最近アクセスのことばっか考えてそういう記事を多く書いてた。もちろんこれからもそれは続けていくつもり。自分のブログをたくさんの人に知ってもらいたいから。




でもこうして、自分の想いをどうにかして伝えたいという気持ちだけでキーボードを打つ今この瞬間が、最高に楽しいんだ。ひっさびさに味わった。






これからも、こんな表現しかできないんだけども、書くことでしか自分を表現できることはないから、ブログを続けていきたいと思います。




でもこうして読み返すとまったく文になってないんだよな笑