読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

よのすけ.com

ブログとライティングで飯食ってます。ブログを通して一つの生き方を提案していきます。

やりたいこと(仕事)がわからない、見つからない人は介護職に就いてみれば?

介護

f:id:journeykk:20160306232309j:plain


こんばんは!世之介です!


みなさんは自分の人生で「これやりたい!」「こんな仕事に就きたい!」ってことはありますか?


僕は現在介護の仕事に就いているんですが、もともとは「これだ!」と思ってこの仕事に就いたわけではないんです。多少興味はあったけど不安の方が大きかったし、正直迷いもありました。


でも今、この仕事に就いてよかったと思っています!


なぜか!?


それを今から書きたいと思います!

やりたいこと(仕事)がわからない、見つからない人はとりあえず介護の仕事に就く選択肢があってもいいと思う。


やりたいこと(仕事)がわからない、見つからない人はとりあえず介護の仕事に就いてみればいい理由

やりたいこと(仕事)がなくてもセーフティネットになる

f:id:journeykk:20160330001424j:plain


みなさんもご存じのように現在介護職は人手不足と言われています。これは誰もが知っていることですね。僕の職場でも人手が足りていなくて他の施設よりも夜勤が多いのは事実です。


でも裏を返すと

どこの施設も人手を求めているということ


どこの施設もひとが欲しいということは、いつでもどこでも働くことが可能ということです。例えば急きょ家庭の事情で実家に帰らないといけない。例えば移住先で仕事を見つけないといけない。

そんな時求人票を眺めてみてください。必ず介護職があります。


「いや、人手が足りないのは理由があるからでしょ?」

たしかに介護職の離職率は高いかもしれません。でも、それにはちゃんと理由もあります






離職率の1位と2位はそれぞれ「結婚、出産・育児」、「法人・事業所の理念や運営のあり方に不満があった」となっています。これは女性主体の職業なので仕方がないですし、不満があるということはその分本気で利用者のことを思って働かれている表れでもあります。


もしも介護職の経験をすればいつか何かあった時に役立つ可能性が高い!


僕はもしかしたらこの仕事から離れるかもしれません。一人暮らしにも関わらず実家から遠く離れたとこで生活してますし、「これやりたい!」ということも最近見つかったし。

でも、もしも実家に帰らないといけなくなった時、もしもそのやりたいことに挑戦してダメだった時


僕はまた介護職に戻るつもりです。ある程度の歳にならないかぎりどこでも仕事あるから。


もしもやりたいこと(仕事)がわからない、見つからない人は一度介護職の仕事を経験してみてもいいかもしれません。その経験は人生のセーフティネットになってくれます。

www.yonosuke00.com


やりたいこと(仕事)がわからない、見つからない人は将来のことが不安になりがち。そういう不安を消し去ってこそ心によゆうが生まれてやりたいことが見つかるかもしれない。


時間がある

f:id:journeykk:20160330001452j:plain


今この世の中に、月8日休みの職業がどれだけあるでしょうか?


職場にもよりますが介護職は週休2日のとこが多いです。


もしも仕事が忙しければ自分と向き合う時間もないし、そんな余裕もない。そういう経験、みなさんはありますか?あまりに忙しいと思考停止して忙しいのが当たり前になっちゃいますよね。


でも、介護職はそういうことはあまりないはずです。しかも職場の体制にもよりますが、夜勤明けは出勤扱いにも関わらず1日の半分以上が自分の時間になります。



www.yonosuke00.com


しっかりと働きながらも自分と向き合う時間のある介護職。その時間で自分のやりたいことを探してもいいのかもしれません。

もともとは僕もやりたいこと(仕事)が分からなくて見つからなかったのですが、夜勤明け月のたくさんの時間をブログに費やしてるうちにやりたいことが見つかりました。


www.yonosuke00.com


やりたいこと(仕事)が分からなくても順調に資格修得ができる

f:id:journeykk:20160330001524j:plain


介護職は3年の実務経験で国家資格である介護福祉士、さらに5年で給料が多くもらえることが多いケアマネジャーの資格をとる権利が与えられます。


介護福祉士をとれば本当の意味でどこの施設でも働けますし資格手当もしっかりもらえます(1~3万ほど)。また、求人票をみてもケアマネジャーの給料は介護職の中でも給料は高いです。


うえの話につながりますが、介護福祉士を持ってれば本当にくいぶちがなくなることはありません。


だからこそ「やりたいこと(仕事)がわからない、見つからない人は介護職に就いてみれば?と思う。

もしかしたら介護職がやりたいことなのかもしれない

f:id:journeykk:20160330001546j:plain



介護職は向き不向きが本当にはっきりした職業です。本当に向いてる人もいれば、逆に向いてない人もいます。


やりたいこと(仕事)がみつからない、わからないという方はそれを職業の世界で考えているかもしれません。じゃあ「人の役に立つのが好きですか?」という質問にあなたはなんと答えますか?


もしそれに心からイエスと答えられるなら、介護職は向いているのかもしれません。


やりたいこと(仕事)が分からない、見つからない人もとりあえず資格だけ取ってみるのもあり


f:id:journeykk:20160330001657j:plain



介護職はホント悪い噂ばかりですが、僕はいい職業だと思ってます。だって簡単に就職できてこれだけのメリットがあるんだもん。


僕はヘルパー2級(現介護職員初任者研修)をとったのは今から5年前です。3年は介護の仕事に就いてませんでした。

ヘルパー2級を取ろうと思ったきっかけは「とりあえずとっとけ!」って感じでした。もってればいつか役にたつかもしれないって。


本当にその時がきた!



でも、やりたいこと(仕事)がわからない、見つからない人は、一度介護職を経験してみてもいいかもしれません!


せめて選択肢のひとつには入ってほしい、と思う。



世の中の介護職に対するイメージが変わっていけばな、と思います!