よのすけ.com

「自分を変えたい」そう思う人にきっかけを。

人生って3万日しかないんだってさ。死んでも後悔しない人生を送りたいよね。

f:id:journeykk:20160407230738j:plain

知ってました?

人生ってホントあっという間だよね。


人生って3万日しかないんだってさ。死んでも後悔しない人生を送りたいよね


人生ってたったの3万時間しかないんだって。しかももうぼく26歳。あと何時間ぐらい残ってんだろ?


最近ものすごく思うんですよ。ありきたりな言葉だけど「人生一回しかないから後悔しないように生きたい」って。


それで、時間に対してもすごく意識を持つようになりました。

その無駄な時間、死んでも後悔しない?


例えば

スマホで意味もなくネットサーフィンしてる時間

ぼーっとテレビを見る時間

とくに好きでもない人なんかのご飯のお誘い

「つまらないなぁ」と思う時間(仕事)

面白くないこと全般


これ、ぜんぶ無駄。ほんとうに、ぜんぶ無駄。

そんな時間を過ごすと自己嫌悪におちいります。「おれ、なにしてんだろ」って。


それ、自分の人生において意味があるかな?って。ないでしょ?

SPONSORED LINK



「そんなこと考えてたら生きづらい」だって?


んなことないって。

それはきっと

自分の感情や

見たくない現状や

「意味のない時間を過ごしてる」という事実


から目をそむけてるだけだって。


ホントは気付いてるでしょ?無駄な時間を過ごしてるって。


そんな無駄なことに時間費やしてないでさ、もっと気持ちのいい時間を過ごそうよ。


人を否定するより、その時間とエネルギーを自分に使おうよ。

なんの感情もわかないことをするより、自分の心がワクワクすることをしようよ。

楽しくないことや自分の好きじゃないことをするより、自分が心から好きなことをしようよ。

自分が好きじゃない人と過ごすよりも、自分が好きな人と過ごす時間を過ごそうよ。

へんな常識はきっとウソだよ。我慢して生きてきた人たちが自分の人生を肯定するためにつくっただけだ。



死ぬ時に一番後悔するのは「自分自身に忠実に生きれば良かった」ということ


オーストラリアで緩和ケア(人が亡くなる間際に携わること)をおこなっていたBronnie Wareさんという看護婦がいたそう。

その人の話によると、多くの患者さんが同じことを口にしたらしい。


「自分自身に忠実に生きれば良かった」

「あんなに一生懸命働かなくても良かった」

「自分をもっと幸せにしてあげればよかった」


引用:ナースが聞いた『死ぬ前に語られる後悔』トップ5!


うん。

やっぱ後悔したくないや。

自分の好きなことに時間使いたくないや。

ちょっとぐらい人に迷惑かけてもいいから、もっとわがままに生きたいや。



残りの時間、なにに使う?


時間って有限なんですよ。限りがあるんですよ。もう1秒前すらも戻れないんですよ。


でもいまならまだ間に合う。未来の結果によっては過去の時間が意味のあるものになるかもしれない。

無駄だった時間も「それを無駄だと気付くために必要だった時間」になるかもしれない。


変えるのは自分の心しだい。人になに言われようが関係ない。





ぼくは毎日、毎時間、毎秒を無駄にしたくないです。


ぼくは死んでも後悔しないように生きたいです。