よのすけ.com

「自分を変えたい」そう思う人にきっかけを。

珈琲屋のマスターから美味しいドリップコーヒーの入れ方を教えてもらったのでシェア!

f:id:journeykk:20160428202842j:plain

こんばんは!世之介です!

「美味しいコーヒーが飲みたい!」

そう思ってネットで調べたり本読んだりするじゃないですか。

で、じっさいに読んでみると

どれが正解だよ!

って思うことないですか?


コーヒーの入れ方って人によって違って、正解ってのがないですよね?

たぶん正解ってないんじゃないかな?

ですが!


このあいだ珈琲豆専門店に行ってきた時にその道10年以上のマスターさんに正しい入れ方を教わりました!

しかも美味しかった!

なんでこちらに書きたいと思います!コーヒー好きのみなさんにシェア!!!


珈琲豆専門店のマスターから美味しいコーヒーの入れ方を教えてもらったのでシェア!

それではさっそく!


均等にそっとお湯を注いで蒸す。お湯がかからない部分があってもそこにお湯はそそがない

コーヒーの味というのは最初の蒸らし、そして2回の注ぎで味が決まると言われています。

コーヒーの粉に刺激をあたえないようにそっと注ぎます。

f:id:journeykk:20160428201456j:plain


ここでひとつ注意。

まだコーヒーを始めたての人はとくにやりがちなんですが(ぼくも今でもやります)

こんな感じではじにお湯が注げなかったときってあるじゃないですか。

f:id:journeykk:20160428201701j:plain


この時に「しっかり蒸らさないと!」とお湯を注ぎがちなんですが、

注いではいけません!

なぜかというと、そこからお湯がフィルターをつたって落ち、味が薄くなるからです。

お湯がそそがれなくても「まっ、いっか」ぐらいの感じでいきましょ!豆がふくらみさえすれば上手に蒸すことができた証拠です。


蒸した後のお湯の注ぎ方

30秒ほど蒸したにお湯を注ぎます。

円状に細かく注いでいきます。

①赤線のようにぐるっと円状に。

②その後青線のように往復。


f:id:journeykk:20160428202516j:plain


これを2回繰り返します。

ここでコーヒーの味がほぼ決まります。


最後は500円玉ほどの大きさにお湯を早めに注ぐ

あとは味を薄めるだけです。

500円玉ほどの円周にそってお湯を注いでいきます。


f:id:journeykk:20160428202842j:plain

あくを下に落とさない

お湯を注いでると泡のようなものが浮いてくるじゃないですか。


f:id:journeykk:20160429141632j:plain


これ!これがいわゆる雑味なんです。

なのでこれを下に落とさずにお湯を注ぎましょう。


これで完成。ちなみにぼくは豆12グラムに対しコーヒー130ミリリットルほど。この辺は好みでいいんじゃないでしょうか。


珈琲豆専門店のマスターから教わって入れた美味しいドリップコーヒー

f:id:journeykk:20160428203143j:plain

うん、美味い!劇的にコーヒーの味が安定するようになりました。

以前は雑味がすごくあったんですね。それに比べて今は雑味がだいぶなくなりました。



SPONSORED LINK


珈琲屋のマスターに美味しいドリップコーヒーの入れ方について質問してみた

せっかくなんで2つほど気になってたことを質問してみました。

A よく酸味の強いコーヒーになってしまうんですが、どうすれば美味しいコーヒーを入れれるようになりますか?


Q どんなコーヒーにも酸味は出てしまいます。しかしコクがでれば酸味はあま気にならなくなります。そのコクを出すためには、お湯をゆっくりとていねいに注ぎ落すことです。お湯の注ぐスピードをおさえることによって自然とコクがでてきます。


A オススメの道具ってありますか?


Q ドリッパーに関していえばコーノーというメーカーのものがオススメです。さきほどお湯をゆっくり注いで落とすといいましたが、コーノーのドリッパーはお湯が落ちるのがゆっくりです。当店でもコーノのドリッパーを使っています

f:id:journeykk:20160428211404j:plain


・・・買った笑

これで入れはじめて「道具でこんなに違うのか!」と驚いてます。

くわしくはこちらを。

www.yonosuke00.com

オススメですよー!


美味しいドリップコーヒーの入れ方まとめ

  • 蒸らしをおこなう時はしげきを与えずゆっくりと。
  • お湯をそそげない部分があっても無理に注がない
  • 2回ほどぐるっと往復しながら注ぐ
  • 最後に500円玉程度の円の大きさにお湯を注ぐ



こんな感じ!みなさんの参考になればいいなと思います!


コーヒー好きのみなさんはこちらの記事もぜひ!

www.yonosuke00.com

www.yonosuke00.com