読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

よのすけ.com

「自分を変えたい」そう思う人にきっかけを。

仕事を辞めたいと思った理由

f:id:journeykk:20160520235748j:plain

こんばんは!世之介です!

ぼくは現在介護職についてるんですが、来月半ばで仕事を辞める予定でいます。

その理由について書いていきます。




仕事を辞めたいと思った理由

まず、この記事を書こうと思ったきっかけはこれを読んだからです。

大きくわけて、2つの「教え」みたいなものがあると思うんです。


どんな仕事でも必ずやりがいは見出せるはず。今の仕事が嫌ならなんで嫌か、どうしたら楽しくなるかを分析してみよう、というのと


嫌なことをして過ごす時間は1分でも無駄なので、さっさと辞めよう。時は金なり、というものと。

引用:頑張らないことも負荷になる。 - どこにいても、できること。

そう、たしかに2つの考えがあるんですよ。

「やりがいをみいだせ!」「人生は一回しかない!」っていう二つの教えが。

そしてぼくは圧倒的に後者です。

時間についてけっこう意識しながら生きています。「ハッ!これはすごく無駄な時間だぞ!時間がもったいない!」といった感じで。(そのわりに要領が悪い)

意識しすぎてしんどくなることもあります。(もう少し余裕を持たないとなぁ)

でもホント、時間は有限なんですよ。人生はぜんぶで3万日しかないらしいです。

だから1時間も無駄にしたくない。

でも、ぼくの両親は反対の考えを持つ人で

「楽しい仕事なんてこの世の中にはない。楽しみは自分で見つけるもんだ」

とずーっとぼくに言い続けていました。というか実家に帰ると毎回言われる。

これもたぶん一理あるんですよね。

でも、やっぱりぼくは後者の考えが圧倒的に強い。


介護職は決して悪い仕事ではない

f:id:journeykk:20160519013632j:plain

ここで言いたいのは今の仕事が嫌いになったわけではないということ。

むしろ、どっちかと言えば「好き」に入ります。

もともとおばあちゃん子のぼくからしたら施設にいるおばあちゃんみんな可愛いし、(こういう表現は間違ってるのかもしれないけど)職場ではよく笑ってる。

出勤するといつも「おかえり」と言ってくれるおばあちゃんは毎回抱きしめたくなるし、そんな人たちと別れるのはすごく寂しい。

でも、じゃあ仕事がぜんぶ好きかといえばそうじゃないし、介護がストレスに感じることもある。

「仕事はそんな甘いもんじゃないよ」

たしかその通り。ぼくの考えがかんぜんに甘いだけかもしれない。

でも、それでもそういう時間をぼくは過ごしたくない。

logmi.jp

「あと○時間で帰れる!」と思った時の「人生をドブに捨てている感」。「今日は出勤したくないな」と思ってしまった時の「じゃあなんでこの仕事してるの?」と自問自答して感じる自己嫌悪感。

それに耐えきれなくなったから。

今の仕事は好き。でも月20日も出勤したくない。週2ぐらいがちょうどいい。

クッソみたいに甘い考えかもしれないけど、そこは自分の感情に素直でいたいんです。


仕事を辞めたあとになにをするか?

具体的にはあまり決まってません。あらー、無計画?

最近ブロガーの中でフリーランスになっていく人達がいますが、あういう人たちのような華やかさはぼくにはまったくありません。だって「何かに挑戦する!」んじゃなくて「何かから逃げる」だけなんだから。じっさいただのひきこもりになるだけだし。

ただ、今のところ、クラウドソージングとブログで生計を立てれるよう挑戦してみる予定です。

www.yonosuke00.com

でもきっと甘くない。クラウドソージングで活躍されている吉見さんという方の話を読む限り、そんなに甘い世界ではない。「やるかやらないか」の世界だと思うけども、こればかりは自分の心次第。

でも、もしクラウドソージングで自分が生きていけると分かったら?そしてそれをこのブログから伝えられるとしたら?

そう考えると、楽しみなんですよね。


SPONSORED LINK


仕事を辞めたい理由。はっきり言うと「自分でなにかをやってみたい」

「よく起業が目的になっちゃいけない!」っていうじゃないですか。それを目的にしたらぜったいに失敗するって。

でも、ぼくは就職せずに個人で働く、というのが昔からのひとつの夢でもあります。

パン屋さんになりたいって思ったこともあったしカメラマンになりたいってこともあった。弁当屋もいいなって思った。

ようは自分でなにかをやってみたいということ。

でもぼくはホント飽き性なのでどれも続きませんでした。

でもブログだけは続いてる。

だから、この続いているブログと、ブログを書いてきてほんの少しだけ上達した(・・・よね?)「文を書くこと」で飯を食っていけたらって思うんです。

で、正直言うと

「これで食って生きたいから個人でやってみる」というよりも「個人で働きたいからこれで飯食ってみる」ってこと。

「本質的じゃないね」と言われるかもしれません。でも、それでやってみます。


とりあえず残りの時間をめいっぱい過ごそう

f:id:journeykk:20160519014152j:plain
なんか不安になってきたぞ。なんか寂しくなってきたぞ。

昨日、久々に職場の人たちと飲んですごく楽しかった。で、「この人たちと来月には会えなくなるのか・・・」と寂しくなりました。自分で決めたことなのに!

あと大好きなおばあちゃんたたちとも会えなくなるのは寂しいな。

でも。やっぱり自分で決めたこと。そんで、人生は一回しかないということ。「嫌だな」と思う時間が本当にもったいないということ。

ダメだったら、また就職しなおせばいい。そのぐらいのノリでいいら?(静岡弁。いいでしょ?ってこと)

少しでも興味のあることには挑戦していきたいよね。

だって人生いっかいしかないから。

くっそありきたりだけど、あとで後悔しないように生きたいです。


以上!世之介でした!

では!