読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

よのすけ.com

ブログとライティングで飯食ってます。ブログを通して一つの生き方を提案していきます。

【対処法まとめ】パソコン作業で手首に痛みを感じたら腱鞘炎かも!?

クラウドソーシング

f:id:journeykk:20160613185743j:plain

最近なんだか手首が痛い・・・

ぼくはほぼ毎日パソコンを触っているんですが、最近なんだか手首に痛みを感じるようになってきました。


「もしパソコン作業ができなくなったらどうしよう・・・」

そんなことをかんがえるとゾッとします。

これからパソコンで食っていきたいと考えているぼくとしてはそれはもう恐怖でしかない。

なので必死になっていろいろと調べてみました。



手首に痛みを感じたらそれはパソコン腱鞘炎かも!?

調べてみるとその症状は腱鞘炎であることがわかりました。

腱鞘炎・・・名前は聞いたことがあるけど、パソコン作業でもなるの?

近年、さまざまな職場でパソコンが導入されており、もはや仕事をする上でなくてはならない存在です。しかし、その一方で、キーボードやマウスを操作することによる『パソコン腱鞘炎』に悩む人が増えています。

パソコン腱鞘炎・・・そんなのあるのか!


パソコン作業で腱鞘炎・手首に痛みを感じる原因

上腕骨外側上顆炎

パソコンによる腱鞘炎は上腕骨外側上顆炎(じょうわんこつがいそくじょうかえん)というそうです。テニス肘ともいいます。

f:id:journeykk:20160613174437p:plain
引用:上腕骨外側上顆炎(じょうわんこつがいそくじょうかえん)

この画像の赤くなってる部分に原因があるそうです。「え?手首じゃないの!?」と思ったんですが、この部分をぎゅっと押してみるとたしかに凝ってる感じがしました。(ちょっと試してみて!)

なので手首に湿布を貼ったところであまり意味はないそうです。



猫背などの姿勢の悪さ

また、猫背などの姿勢の悪いこともパソコン腱鞘炎の大きな原因のひとつだそう。

猫背は体重を手首に集中させます。しかも肩こりや首の凝りの原因にもなり手首への血流を悪くすることがパソコン腱鞘炎の原因。あぁ、もろぼくだ・・・。

f:id:journeykk:20160418133238j:plain
(うわ、もろ猫背じゃん)



マウスやキーボードを操作する時に余計な力が入ってる?

前々から気付いてたんですが、ぼく、キーボードを叩く音が人よりうるさいんですよね・・・

で、やっぱりよくないことでした。

マウスやキーボードを操作する時、必要以上に力が入っていると腱鞘炎になります。これは手首や指に無駄な力が加わると、筋肉が緊張した状態が続き、炎症が起こりやすくなるためです。また、キーボードを打つ時の力が強いと、その衝撃が指や手首に伝わり、腱や腱鞘を痛めてしまいます。

今は力を抜いての作業を心がけています。

あぁ・・・ぜんぶ当てはまってるぞ泣



手首に痛みを感じないために!パソコン腱鞘炎の予防策

ここから予防策を書いていきます。


姿勢を正す

f:id:journeykk:20160613180442g:plain
引用:https://121ware.com/navigate/application/prevent/useful/20140304/index02.html

先ほども書きましたがパソコン腱鞘炎・手首の痛みは猫背などの姿勢の悪さが原因。姿勢を正そう。



休憩をとる

休憩をとることも手首の痛みを予防するひとつの対策。1時間に1回は休憩をとるといいそうです。

ぼくの職場で以前打ちこみのバイトをしたことある人はパソコン腱鞘炎予防で1時間のうち15分は強制的に休憩をとることになってたそうです。

(ここまで書いて休憩とってないことに気付いた。休憩!)



ストレッチ

そしてその休憩中にはストレッチを!
f:id:journeykk:20160613181402p:plain

引用:スマホやマウスを使うと指や手首が痛い人は必見!腱鞘炎の症状別の治し方(ドケルバン病など) | ナースが教える仕事術

こんなかんじ!この反対側も行いましょう!

そして手首だけでなく肩や背中のストレッチなども一緒に。血流を良くしておきましょう。



SPONSORED LINK


WEBライター吉見さんのパソコン腱鞘炎の予防策

月商50万を稼ぐWEBライター吉見夏実さんという方がいます。

f:id:journeykk:20160613182159j:plain
引用:http://www.lancers.jp/magazine/17037

その吉見さんに偶然にもメッセージをする機会がありまして、その時に手首の腱鞘炎についての予防策を聞いてみました。

腱鞘炎、怖いですね!


わたしもなりかけたことはあります。1か月に40~60万文字書いてた時期はさすがに手首が痛くなりましたね。仕事できないほどではありませんでしたが。


わたしは、イスの高さをこまめにかえて、負荷がかかる部位を分散させるようにしていました。

なるほど!すごくためになる。猫背によって手首に負担がかかるわけだから、「手首の負担を分散させる」ということはすごく理になかってます。吉見さん、ありがとうございました!

↓吉見さんのブログ
www.yoshiminatsumi.com




手首の痛み・パソコン腱鞘炎に効果的なアイテム

リストレスト

また吉見さんからいただいたアドバイスで「リストレストを使うと効果的かも」ということをおっしゃってました。

f:id:journeykk:20160613183351p:plain


作業中に手首の角度を水平に近づけると楽になりませんか?

リストレストはその状態を保てそう!



サポーター

また、サポーターも手首の痛み・パソコン腱鞘炎予防に効果的!

「PCらくらく手首」は、保湿繊維が手首を暖めながらしっかり関節をサポートします。人差し指を長めに設計する事でパソコン操作をサポート。
手首部分は、違和感のないフラット編みです。関節に合わせた編みが手の形にフィットします。左右兼用です。

パソコン作業に特化したサポーター。こういう商品ありがたい。



パソコン作業で手首に痛みを感じたら腱鞘炎かも!?対処法まとめ

f:id:journeykk:20160613190038j:plain
手首の痛み・パソコン腱鞘炎の対策をまとめます!


  • 正しい姿勢で作業をする
  • 1時間に1回ほど休憩をとる
  • ストレッチをおこなう
  • イスの高さを変えて負担を分散させる
  • リストレストやサポーターなどを使う


こんなかんじ!

いかがだったでしょうか!?

パソコン作業多めの方はぜひこれらのことをためしてみてください!手首は命といっても過言ではないですからね。

以上!世之介でした!

では!