読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

よのすけ.com

ブログとライティングで飯食ってます。ブログを通して一つの生き方を提案していきます。

フリーランスになって辛いと感じる3つのこと

f:id:journeykk:20160812123413j:plain

「フリーランス契約なのにわざわざご連絡ありがとうございます」


お盆休みを取ろうとランサーズでクライアント様(お仕事上をくれる方)に

「しばらくの間作業をできません。申し訳ございません」

という趣旨の連絡をしたら、こんな返事が返ってきた。


・・・・そっか。俺フリーランスなのか。



ぼくは現在クラウドソーシングとブログで生計を立てています。

一応、フリーランスです。



ぼくは以前からフリーランスという立場に強い憧れがありました。

場所にとらわれず、時間にもとらわれない。自分の好きな時に働いて、自分の好きな時に休む。最高じゃんか。

しかしいざフリーランスという立場になってみると、

むっちゃ大変。

・・自分の考えが甘すぎました。


この記事ではフリーランスという立場になって辛いと感じる3つのことについて書いていきます。



フリーランスになって将来がむちゃくちゃ不安になった

f:id:journeykk:20160622220040j:plain

ぼくは2年務めた介護職を辞めてフリーランスという立場になりました。

しかし将来がむちゃくちゃ不安です。

いや、今はいいんですよ。ブログとクラウドソーシングがあればなんとか生活はできる。20万ぐらいはなんとか継続して稼げるぐらいまでは来ました。

でも、いつまでもブログやクラウドソーシングで収入を得ることができるとは限りません。

クラウドソーシングはなくならないとして、例えばブログで収入を得るためのサービス(アドセンスなど)がなくなったらどうするか、腱鞘炎になってパソコンが打てなくなったらどうするか。


パソコン収入に依存してるので、そういう不安を常に感じてしまいます。

ましてや時代の流れは速いです。予想もしてなかったことが起きないこともないかもしれません。

フリーランスとはいうけど、実力のないぼくにとってはただの将来の見えないフリーターです。これからどうなってくんだろう・・・。

ここ最近まで本当に不眠症でした。



SPONSORED LINK




フリーランスになって時間に縛られるようになった

f:id:journeykk:20160627003518j:plain

会社を辞めた時「やった!これで時間に縛られないぞ!」と思っていました。じっさいフリーランスはそういうイメージがありました。


むっちゃ縛られる


クラウドソーシングとブログで収入を得るには、なんとか稼がないといけません。当たり前だけど稼ぐには手を動かさないといけない。

その手を動かす時間が半端なく長い笑

朝起きて30分ぐらいしたらランサーズ。お昼にちょっと休憩してランサーズ。夕方、気分転換にスーパー行って晩御飯の買い物して、家帰ってランサーズ。

晩飯食ってその日のノルマが終わってたらブログ。そうでなければランサーズ・・・

稼がないと生活できないので、収入に余裕のないぼくは必然的に時間に縛られていきます。週6勤務、毎日10~14時間勤務。ブラックか!

まぁ、ぼくは絶望的に効率が悪いのでそんな感じなんですが、ホント時間に余裕がありません。ツイッターすらつぶやく暇がない時期がありました。

まだまだ実力のないぼくは時間に縛られまくってます。くそう、憧れの「時間に縛られない生活」を手に入れたい。




フリーランスになって場所に縛られるようになった

f:id:journeykk:20160720220713j:plain

フリーランスになったら場所に縛られない!旅行しながら働くぞ!

会社を辞めた時はそんなことを思っていました。2年住んだ広島に遊び行って働いたり、居心地よい鎌倉に行っておしゃれなカフェで働いたり、たまに地元帰ってのんびりしながら働いたり。

いわゆるノマドワーカーに憧れながら会社を辞めました。

しかし!いざフリーランスになってみると、場所に縛られまくる

なぜか?移動する時間がもったいないからだ。

上にも書いたように、時間に余裕がありません。ツイッターでつぶやく暇すらなかったわけだから、移動する時間なんてあるわけがない。

どこで働くかといったら、せいぜいスタバか上島珈琲(チェーン店)ぐらい。あとはもっぱら家での作業。

広島や鎌倉行く移動時間があったらその時間で仕事したい!

あと、パソコン壊れたらもうおしまい。

場所どころの話ではなくなる。

実力のないフリーランスは場所に縛られる。



結論。フリーランスは大変

f:id:journeykk:20160428204549j:plain

フリーランスむっちゃ大変。実力のないまま飛び込んだぼくは、時間にも場所にも将来の不安にも縛られてます。フリーランス=自由だと思ってたけど、そんなことはなかった。

会社に勤めてようがフリーランスであろうが、充実した生活を送ってる人は送ってるし、送ってない人は送ってない。結局はその人の能力の問題。


フリーランス、死ぬほど大変。














ここまで書きましたが、これはあくまで能力も実力もないままフリーランスになってしまったぼくの話です。


でも、もしかしたら能力よりも大事なものがあるのかもしれません。

それはやるか、やらないかです。


もしも「とにかくフリーランスに憧れてる!フリーランスになりたい!」という人が、「絶対にやめたほうがいい」という誰かの言葉やブログの記事によって「やっぱりやめよう」と思うなら、それは辞めたほうがいいのかもしれません。

ぼく自身もまだ会社を辞めて2カ月しか経っていませんが、今は会社勤めてた時よりもいろいろとしんどいです。



でも、それでも「やりたい」と思うなら、やってみたほうがいいと思います。

というかそういう人は、誰になんて言われてもやめないはずなんです。逆にそこで辞めるなら辞めたほうが良いです。もしもぼくみたいに実力がないなら、大変な目に合うので。


で、実力のない人がフリーランスに憧れてなったとしたら、あとはやっぱり「やるか、やらないか」の問題だけなんです。本当にこれだけ。

1000文字書くのに1時間かかって、いまだに両手の指でパソコンを打てない、文の基本である「てにをは」の使い方も怪しいぼくでさえも、今はクラウドソーシングやブログなどでなんとか生計を立てれるようになりました。ありがたいことにメディア執筆のお声も頂いた。


でも、それでもやっぱり不安です。さっき書いたように、いつまでもこの状況が続くとは限らないし、いつ収入がなくなってもおかしくない。


だからあとは、やっぱり「やるか、やらないか」だけなんです。

能力も大事。だけどやっぱりその気持ちはもっと大事。



そう、甘くない。パソコン画面の向こう側の、ぼくが憧れてた人たちは、裏で想像もできないほどの努力をしてる。実践と失敗を繰り返して、今の場所に立ってる。


やるか、やらないか

本当にこれだけです。