読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

よのすけ.com

「自分を変えたい」そう思う人にきっかけを。

心に余裕がない限り、本当に優しい人になんかなれるわけない。

f:id:journeykk:20160904000325j:plain

5年前に日本を襲った東北大震災。

当時、日本中が大混乱になったのは誰もが覚えてるはず。


その震災が起こってから数日後、あるツイートがすごい勢いで拡散されました。

「辛い状況で優しさを持てる人こそ、本当に優しい人間だ」

うろ覚えだけども、たしかこんなツイートだった。

その時には「そうか、そうだよなぁ」と思ったんだけども、なんかずっと頭に残ってて。

それで、5年経った今、「それは違うんじゃないかなぁ」と思うようになりました。



SPONSORED LINK


心に余裕がない限り、本当に優しい人になんかなれるわけない

f:id:journeykk:20160727224843j:plain

このツイートにある「辛い状況でこそ優しさを持てる人」なんて、僕はいないと思います。

いや、本当に探せばいるのかもしれないけど、ほぼいない。

辛い状況で人に優しくなんかできるわけないんです。

だって、そんな余裕ないんだもん。無理だよ。一時的な優しさなら持てることができるかもしれないけど、こころのに余裕のない状況で、人に優しくするなんて到底できない。


僕も心に余裕がない場合、結構醜い人間になります。

例えば「将来どうしよう」なんて不安に陥って心に余裕がないって時は、人に対して攻撃的な目で見てしまいます。

誰かが「毎日楽しい」とか言ってると、「ふん、なにが『毎日が楽しい!』だよ」的な。(うーん、自分で書いておきながらすごく醜いぞ笑)

でも、心に余裕がない時って本当にそうなります。



時間に余裕がないと、本当に優しい人になんかなれるわけない

f:id:journeykk:20160904000610j:plain

これと同じで、時間に余裕がない時も人は優しくなんかなれない。

仕事に追われて時間に余裕がない時に友人から連絡が来ると、自然と冷たい対応になってしまいます。


時間に追われてると、他人のことを考える余裕まで持てない。自分のことだけで精一杯になってしまう。



お金に余裕がないと、本当に優しい人間になんかなれるわけない

f:id:journeykk:20160707000428j:plain

お金もそう。ちょっと情けない話だけど、お金に余裕がないとなかなか優しさを持つのは難しい。

お金に余裕がない=余裕のある生活を送れない。

余裕のある生活を送れなきゃ心にも余裕を持てない。

お金の余裕と心の余裕は直結します。そういう意味でお金をたくさん稼ぎたいと思っています。


「自分って器が狭いなぁ」と思うのは、ただ単に心に余裕がないから

f:id:journeykk:20160705224950j:plain

もう散々自分の醜態をさらしましたが、こんな自分でも人に優しくなれる時があります。それは、心に余裕がある時。

心に余裕がない時の自分と向き合うと「自分って器が狭いなぁ」と思うんですが、そういう時って大抵心に余裕がない時なんです。

余裕ってのは本当に大事なこと。

自分に優しくできなきゃ人に優しくできないのと同じで、自分の心に余裕がなきゃ、余裕を持って人に接することなんてできないんですよ。

もし「自分って器が狭いなぁ」って思ってる人がいるなら、それは心に余裕がないだけ。器が狭いんじゃないから大丈夫。

そのぐらい余裕って大事です。


本当に優しい人間になりたいから、心に余裕を持ちたい

f:id:journeykk:20160722000654j:plain

「優しい人間になりたい」と1ミリも思わない人間なんていないはず。僕だって優しい人間になりたいもん。

でも、それには心に余裕を持つことが必要。

心に余裕を持つだけで生活は全然変わってくるはず。


そして自分の人間の小ささに悩んでる場合は、ただ単に心に余裕がないだけ。大丈夫。

自分の人間の小ささに気づいてる時点で、きっと本当は優しい人間だ。