よのすけ.com

「自分を変えたい」そう思う人にきっかけを。

夢に向かって頑張る人の力になりたい!「宇宙HOUSE」を全力で応援します。

f:id:journeykk:20161129114907j:plain

あなたの「夢」はなんですか?

と聞かれたら、皆さんは答えられますか?

正直言うと、僕は答えることができません。夢という夢を持っていたのは、小学4年の「プロ野球選手」ぐらいかな。

でもその分、夢を持っている人を、心から応援したいと思っています。




日本初!みんながうちゅうにむちゅうになれる宇宙HOUSEを作りたい!

f:id:journeykk:20161130084851j:plain

この度、「株式会社うちゅう」の坪井さんという方が、ある一大プロジェクトを始めました。

そのプロジェクトとは、

日本初の宇宙をコンセプトにした施設を作る

というもの。

宇宙HOUSEとは?

実際に大学の研究室と連携しながら、宇宙について学べる環境を作り、小さい子供から学生までのたくさんの人が宇宙を身近に感じることができる、それが宇宙HOUSEの目的です。


坪井さんは現在、子供達に宇宙を切り口とした教育事業を行っています。

宇宙教育を通じて、主体的に考える力、そして行動する力を子供達に身につけることを目標に活動を行っているそうです。


f:id:journeykk:20161130085525j:plain

宇宙教室に来る子供たちはみんな笑顔で、日々成長する姿を見せてくれるといいます。


宇宙事業を精力的に行う坪井さん

f:id:journeykk:20161130085623j:plain

坪井さんの活動は日本のみならず、海外でも精力的に活動を行っています。

これまでの活動から、坪井さんの宇宙教育に対する本気度がうかがえます。

▼これまでの活動


2016年5月理科の王国に出展(東京・大阪)


6月株式会社うちゅう設立, 小学生の"宇宙教室”をスタート


7月ローバー教室開講


8月モデルロケット教室開講


9月ルワンダ、スリランカでの宇宙教室


10月最先端宇宙教育プロジェクトスタート


11月日本最大級の科学の祭典”サイエンスアゴラ”


TOKYOSTARTUPGATEWAYセミファイナル進出


12月高校生の月面基地プロジェクト始動


しかもなんと、再来年春に超小型人工衛星を打ち上げるそうです。


f:id:journeykk:20161129115124j:plain

宇宙と聞くと、どこか遠い存在に思ってしまいそうですが、坪井さんの活動を見ていると、かなり現実的に感じてきますね。


「宇宙をきっかけに、自分自身のやりたいことを自分で考えて行動していけるように」

「宇宙なんて非現実的だ」

もしかしたらそう思う方もいるかもしれません。宇宙という言葉を聞くと、どうしても遠い存在に感じてしまう部分があると思います。

でも、僕は「宇宙」という言葉よりも、このプロジェクトを始めた坪井さんの心にとても惹かれました。

私はうちゅうにむちゅうになった子供たちが、宇宙をきっかけに自分自身のやりたいことを自分で考えて行動していけるようになってほしいなと思い、うちゅうにむちゅうになれる宇宙HOUSEを建てようと思いました。

坪井さん自身、小さい頃から宇宙に関わる仕事に本気で就きたいと思っていたそうです。

しかし、誰にも自分の夢を認めてもらえず、挙げ句の果てにはいじめられていたこともあったそうです。中学・高校とずっと辛い時期を過ごしました。


そんな坪井さんが今、誇れる仲間と共に、子供達に「自分自身のやりたいことを自分で考えて行動していけるようになってほしい」という願いを込めて宇宙教育事業を行っています。


f:id:journeykk:20161130090238j:plain


子供たちが笑顔で自分の夢を語ってくれる時、その子達の将来を本気で応援していきたいと坪井さんはいつも感じるそうです。

僕もそんな子達の将来を応援したい。

そして、子供の将来を応援したいと思う坪井さんを心から応援したいと思っています。



「夢に向かって頑張り続けるきっかけを作るのが使命」

f:id:journeykk:20161130092230j:plain

「子供の夢に向かって頑張り続けるきっかけを作るのが使命」だと語る坪井さん。

その思いには、自身の過去の辛い経験からきてるのかもしれません。


僕はこのプロジェクトを心から応援したい。

自分自身のやりたいことを自分で考えて行動していける子供が一人でも多く増えていければ、それはとても素晴らしいことだと思いませんか?

f:id:journeykk:20161130091404j:plain


夢を持つ子供達のために、そしてその子供たちの背中を押そうとする坪井さんを、僕は全力で応援します。


これを読んでいる皆さんも、ぜひ坪井さんの、そして夢を語ってくれる子供達の力になってみないですか?


camp-fire.jp



プロジェクト「宇宙HOUSE」概要

▼このプロジェクトで実現したいこと


このプロジェクトで実現したいことはうちゅうにむちゅうになれる場【宇宙HOUSE】を墨田区の押上に作ることです。


そしてこの場所を本物のロケットや人工衛星、そして月面基地などを実際に学んでいける環境を整えて小学生から大学生が宇宙を身近に感じることができるスペースにしていきます。


三階建てのビルの屋上からはパラシュート実験や無重力実験が行え、屋上から天体観測をすることもできますし、実際に大学の研究室と連携し、より多くの宇宙に関わる方々からサポートをしていただいています。


将来的に僕たちはこの宇宙HOUSEから日本の宇宙業界を支える人たちが多く輩出することになると考えています。


プロジェクトの目標金額は100万円。11月29日現在なんと36万円ほど集まっています。


3,000円〜の支援で、リターンは様々。

リターンの中には、先ほど書いた再来年春に宇宙に打ち上げる超小型人工衛星に支援者のお名前を掲載するというものもあります。

しかもなんと超小型人工衛星から届いた宇宙の写真データを随時見ることができるとのこと。すごい!!!


坪井さんご本人のコメント

私達はこの墨田区から未来を創り上げていきます。子供たちはその可能性を十分に秘めているのです。そんな子供たちのサポートをし続けていきたいです。また、私たちはこの宇宙というテーマは今後、様々な墨田区の町工場と連携し、一緒になって何かをつくっていくことができるのではと感じているのです。


そのために、私たちは努力を惜しまず、前へ前へ進んでいきたいと思います。


ですが、私達にはまだ資金が足りておりません。今回のプロジェクトを成功させ、多くの子供たちへ繋げていくためには、皆さんのお力が必要です。


是非ともご協力して下さると嬉しいです。皆さんのご応援心よりお待ちしております。

支援ページはこちらです!


camp-fire.jp