よのすけ.com

「自分を変えたい」そう思うあなたにきっかけを。

人生変わった!断捨離を実践して感じた12個の効果とその方法を書き記しておく

f:id:journeykk:20170610093502j:plain


断捨離の効果やべえ!

こんにちは!
プロブロガーの世之介です。

突然ですが「断捨離」ってご存知ですか?

断捨離とは簡単にいえば「不要なものを捨てる」ってことです。


最近、その断捨離を実践してみたんですが、
今までの生活がガラッと変わりました。

なんでもっと早くやらなかったんだろ。


この記事の内容は
人によっては信じれないこともあるかもしれません。

なので信じる信じないは人それぞれです。
ですがここに書く断捨離の効果は実際に起こったこと。


・・・では断捨離を実践してどんな効果があったのか?

それでは、
「断捨離を実践して感じた10個の効果とその方法!」
を紹介していきます!


捨離の効果や方法に興味のある方、ぜひご覧ください!

SPONSORED LINK




断捨離とは?

まずは断捨離について紹介!

断捨離(だんしゃり)とは、不要な物を減らし、生活に調和をもたらそうとする思想
引用:Wikipedia

断捨離とはようするに、
「自分が本当に必要なものだけを残し、それ以外のものは捨てる」
ということですね。


ミニマリスト(ものを持たない人)の方達がよく話題にされていたので
以前から断捨離のことは知ってました。

・・・そして、

「断捨離したって別に何も変わらんだろ」

今までずっと思ってました。

だから、
まさかそんな僕が
こんな記事を書くとは思ってもなかったです笑


断捨離を始めたきっかけ

断捨離を始めた一番のきっかけは
ミニマリスムという生き方の火付け役となった本

「ぼくたちに、もうモノは必要ない。」

を読んだからです。



この本でも
「断捨離して実際に現れた効果」
が紹介されていましたが
じっさいに断捨離を実践するまでは

「まさか」

なんて思ってました。


すみませんでした。


・・・マジで効果ありました。


では断捨離をしたことによって
どんな効果があったのか?

これから断捨離をして感じた効果を書き記していきます



断捨離を実践して感じた12個の効果

断捨離を実践して感じた効果はこの12個です。


  • 部屋が広くなった
  • 部屋にいるのが楽しくなった
  • モノを探すことがなくなった
  • 片付けることがなくなった
  • 無駄使いがなくなった
  • 時間に余裕ができるようになった
  • ものにこだわりを持つようになった

ーーーーここから信じるか信じないかあなた次第ーーーー

  • 食欲がなくなった
  • 体重が減った
  • 人と比べなくなった
  • 自分の小さな声に気づく
  • モノ以外のものも断捨離したくなった


マジで断捨離すげえ!

それでは紹介していきます!


部屋が広くなった

f:id:journeykk:20170610093554j:plain

はい、まず定番。

当たり前ですが
断捨離を実践して部屋がかなり広くなりました。

僕の部屋って6畳一間なんですね。(家賃1万円台。安いでしょ。)

そんなくっそ狭い部屋が
断捨離することによって6かなり広く感じるようになりました。


広くなるとほんとうに快適。

6畳のお部屋でもかなり広く感じます。
もっと狭くて安い部屋に引っ越そうかな・・・(これ以上安い物件市内にはないかな・・・)


部屋にいるのが楽しくなった

断捨離を実践して部屋に物がなくなると、
自分の部屋がかなりスッキリした空間になるんですね。

そうすると、
自分の部屋にいるのがすごく楽しくなるんです。

もう大好き。自分の部屋。


以前はよく喫茶店に行って読書をすることが多かったんです。
でもね、その機会がかなり減りました。

だって自分の部屋にいる時間が好きなんだもん。


ものを探すことがなくなった

f:id:journeykk:20170608135055j:plain

僕はホントものを無くしやすい性格で、
いつもいろんなものをその辺に置いては無くしてしまいます。スマホとかね。

でも、断捨離したことによって
ものを探すことがすごくなくなりました。

だって
「モノ」をなくすほどモノを持ってないし、
どっかにやったとしてもモノが少ないからすぐに見つかるから。

そしてストレスがかなり減りました。


片付けることがなくなった

片付けるもなにも、
モノが少ないので「片付ける」という概念がなくなりました。

当然といえば当然ですが、
これは断捨離の大きな効果です。


無駄使いがなくなった

f:id:journeykk:20170212182413j:plain

断捨離してモノの少ない生活の素晴らしさに気づくと
途端にものを持ちたくなくなるんです。

そうなると必然的に無駄使いがなくなります。


以前から買い物をするのは少ない方でしたが、
断捨離を実践したことによりさらに無駄使いがなくなりました。

これ、どんな方法より一番の節約方法だと思うよ。



時間に余裕ができた

ものを探すことがなくなったり
買い物をする機会がなくなると、

当然買い物に使ってた時間も自由に使えるようになります。

もう目的もなくふらっと100均とか絶対に行かない。


時間は目に見えないものなので、実感はしにくいかもしれませんが
かくじつに時間に余裕ができます。

ちなみに時間に余裕ができたことで
読書することがかなり増えました。



ものにこだわりを持つようになった

f:id:journeykk:20170608135118j:plain
▲一部のあいだでかなり有名な財布「薄い財布」。10年間使っていた財布を買い替えました。

矛盾しているように聞こえるかもしれませんが、

断捨離してモノを減らすと、
自分の持つものにかなりこだわりを持つようになります。

これは僕の中でかなり大きな変化。
今まで大してこだわりはなかったから。

なぜモノにこだわりを持つようになったかというと、

「大好きなものに囲まれたい」
と思うようになるからです。

モノが少ないと、自分の持ち物を大好きで埋められます。最高。



シンプルなデザインのものを好むようになった

f:id:journeykk:20170608135435j:plain
引用:無印良品

部屋をすっきりシンプルにすると
なぜか自分の趣向までシンプルになるようで。

「なんでみんな無印良品好きなの?」
と以前は疑問に思ってましたが

その良さがすごくわかりました。

なんだろ、無駄がなくてシンプルですごく好き。

無印良品の良さが本当に分かりました。



食欲がなくなった

f:id:journeykk:20170610093700j:plain

このあたりから
「断捨離したぐらいで変わらないだろ!」
と思うかもしれません笑

が!

断捨離して食欲がかなりなくなりました。

「理由はなに!?」
と強く責められると

「ええと・・」
と自分の言葉ではうまく言い表せませんが、
なんでか不思議と食欲がなくなるんです。


これは佐々木典士さんが書かれたミニマリスト本「ぼくたちに、もうモノは必要ない。」
にも同じことが書いてありました。

何人ものミニマリストに会ってきたが、太っている人はいなかった。


これはなぜだろうか?今までの片付け本や、モノを捨てるための本にも、モノを減らした副次的な効果として「痩せる」ということが言われてきた。


ぼく自身も汚部屋時代と比べて。体重は10キロほど減った。


佐々木さんは断捨離をすることによって体重が痩せる現象を
このように分析しています。

・モノがなくなることによるストレスの減少
・自分の食欲をはっかり認識することができる


佐々木さんの言う通り、
ストレスが自分でも驚くほど減ったし、
自分の食欲にもかなり敏感になった。

以前みたいにお腹減ってないのにご飯食べる
ということは一切なくなった。


ちなみに「少食」は人生変えるほどの効果があります。これマジ。



どんだけ朝方生活をしようとしても無理だったのに
少食になった瞬間簡単に朝方生活になりました。

しかも、ずっと悩みだった身体のダルさも取れた。

食べ過ぎって本当に身体に負担をかけるんだな、と実感しました。



体重が減った

食欲が収まるととうぜん体重も減ります。

断捨離してからまだ2週間ほどですが、
すでに2キロ近く体重が落ちました。

断捨離っておそらくどんなダイエット方法よりも効果ありますよ。

食事を我慢するとか以前に、食欲があまりわかない。


ちなみに断捨離してダイエットに成功した人、
けっこういるようです。

ダイエット歴20年の、現在55歳の専業主婦です
今回、ふとしたきっかけで、断捨離を始めました
すると、スルスルと体重が減っていき、半年で13.5キロのダイエットに成功しました

〜中略〜

物を捨て、すっきりした部屋に住んでみると、気持ちが軽くなった
物を大切にするようになった
小さなほこりに気持ちが気付くようになり、すぐ動き掃除をするようになった
食べ物にも命があると気づき、大切にゆっくり感謝しながら食べるようになった

〜中略〜

断捨離で痩せるって本当だったんですね
本の宣伝だと、うたぐっていた自分が恥ずかしいです

引用:YOMIURI ONLINE


ダイエットに挑戦している人、
嘘だと思って実践してみてください。

がっつり断捨離すれば、
本当に食欲がなくなって体重も減りますよ。


人と比べなくなった

いっけん断捨離と関係ないかもしれませんが、
めっちゃあります。

「人と比べなくなった」

僕、ずっと昔からの悩みだったんですよね。

人と比べて落ち込んだり、くだらない優越感に浸ったりするの。

なんで比べなくなったのか?


これは感覚的な話になるんですが、
「ぼくたちに、もうモノは必要ない。」の著者・佐々木さんも次のように本で語っています。

僕が今持っているモノは誰かと比べて「欲しい」と思ったモノではなく、自分にとって「必要」だと思い、自分が選んだモノばかりだ。
誰かに踊らされて持たされたモノではない。


自分に必要なモノが分かるミニマリストになれば、比べる「誰か」ではなく、「自分」にフォーカスが移っていく。


そう、良い意味で他人に興味がなくなっていくんですね。

そしてその分、自分に集中できる。

ただモノを捨てるだけの断捨離ですが、
人と比べることが本当になくなっていきます。


自分の小さな声に気づく


これも本当に感覚的な話になるんですが、
ものがなくなって部屋がすっきりすると
自分の小さな声に気づくことができるんですね。


断捨離した後、すっきりした部屋でぼーっと過ごしてたら

「こんなことやりたい!」

って感情が溢れでてきました。
あーいう感覚、本当に久しぶりだったなぁ。


この感覚的な話を分かりやすく表現しているのが四角大輔さんの名書、
「自由であり続けるために 20代で捨てるべき50のこと」



この本で次のように語っています。

モノは知らないうちに、少しずつ着実に空間を侵略していく。


棚に入りきらないモノ、床に重ねたモノ、引き出しに入れたモノ、テーブルにのせてあるモノ……。


それらは「いつか片付けよう」と保留したモノかもしれないし、「あると便利かも」と保管しておいたモノかもしれない。


よく見てみよう。それらのモノが活躍したのはいつだ?


大好きなモノ以外はすべてノイズだ。


そう、本当にノイズなんですよ。大好きなもの以外のモノって。

ノイズがあるから自分の小さな声に気づかない。

本当はどんなことよりも大切なことなのに。


生きるのに疲れたらとりあえず断捨離することをオススメします。

自分の小さな声に気付けて、
これからやるべきことが少しずつ見えてきますよ。



もの以外も断捨離したくなった

ものを捨てる断捨離をすると、
モノ以外のものも断捨離したくなります。

  • 人間関係
  • 他人の目線
  • 本当はやる必要のないこと


断捨離を実践することによって
不必要なものがノイズであることに気づくと、
モノ以外にも不必要なものを断捨離したくなるんです。


僕は断捨離をしたことによって
他人の目が以前よりだいぶ気にしなくなりました。

「断捨離でそんなことあるかよ」
と思うかもしれませんが、マジです。


「捨てられない・・・」 断捨離に役立つ方法

f:id:journeykk:20170610093758j:plain

でも断捨離ってそこまで簡単にできないんですよね。

なぜなら
「捨てれない!」
という感情がかなり邪魔をするから。

分かる。むっちゃ分かる。
捨てるって難しいですよね。

しかし、誰だって最初はそうです。

佐々木さんも
「捨てることは技術」
と言っています。

それほど捨てることにはコツ(方法)があるんです。

では「捨てれない」という感情をどうやったら捨てることができるのか?

これから断捨離に役立つ方法を紹介していきます。


「いつか使うかもしれない」を捨てる

断捨離をしていく中でとくに難しいのが

「いつか使うかもしれない」
というもの。

これ分かる。
僕もなかなかそういったものは捨てれませんでした。


しかし、この考えを一気に捨てさせてくれる考え方があります。

それは四角大輔さんが本で書かれたこの考え方

「あらゆるお店を外部倉庫と考える」

たとえば近所のコンビニを大型の冷蔵庫、Amazonを巨大な倉庫と捉えてみる。


どちらも「膨大な数のアイテムを、一つ何円というコストで常時保管してもらっている」と考えれば、本や日用品などの〝ストック癖〟から解放される。


あらゆる店を〝外部倉庫〟とイメージし、本当に必要になったときだけ取りにいく。もしくは取り寄せる。


すると、「買っておかなきゃ」という強迫観念から自由になり、今まで収納と探し物に奪われていたエネルギーと時間のロスがなくなる。


すごく大胆な発想ですが、
たしかに四角さんの言う通り
今の時代、欲しいものがあればすぐに手に入るんですよね。


いろんなお店を外部倉庫と考えたら
「いつか使うもの」はほぼ捨てることができました。


じっさい「いつか使うもの」ってだいたい使わないんですよね。

あったとしても、また外部倉庫から手に入れれば良いだけ。
だったらいっそ捨ててスッキリした方が良い。


人の目線のためににあるモノは捨てる

「自分の価値」にはパッと見てわかる外見の他に、内面の価値もある。
だがこの内面の価値は、非常に伝えづらく、伝えるのに時間がかかる。


モノを通して内面の価値を伝えた方が、圧倒的に分かりやすく早い。
内面と違い、モノは誰でもわかるのだから。

佐々木典士さん「ぼくたちに、もうモノは必要ない。」より


所有しているモノの中には「自分の価値」を
相手に伝えるものはありませんか?

そんなものはいりません。
人と比べる原因になってしまうので、捨てることをオススメします。


捨てられるか悩んだ時点で捨てる

悩むのは、そもそも悩んでいるどちらの選択肢にも同じぐらいの価値があるからだ
佐々木典士さん「ぼくたちに、もうモノは必要ない。」より

悩んだ時点で捨てても良いものです。

この考えでだいぶ捨てれました。


本を断捨離する方法

f:id:journeykk:20170610093832j:plain

断捨離の中でとくに難しいのが「本」。

本を断捨離しようとすると、
「いつか読むかも・・・」という考えが頭をよぎり、
結局捨てきれずスペースをとってしまう、ということがあります。


僕も本当にそんな状況におちいり、なかなか捨てることができなかったんです。

でも、そんな時に
先ほど紹介した四角大輔さんの言葉がよみがえりました。

「あらゆるお店を外部倉庫と考える」

たしかにその通りで、
今捨てきれずに悩んでいる本は古本屋に行けば
簡単に手に入るんです。数百円で。

そう思ったら、
たいがいの本は捨てることができました。


本を断捨離してキンドルの偉大さがわかった

f:id:journeykk:20161202102045j:plain

そして本を捨てることによって感じたこと。

「キンドルめっちゃ便利!」

以前からひしひしと思っていたけど、
断捨離を実践して改めてそう実感しました。

本はもうこれからキンドルで買います。


いくら本を買っても場所をとらないし、
キンドル一つあれば何冊もの本が読めちゃう(当たり前だけど)。

ありがとうキンドル。あんた最高だ。




断捨離したもの

じっさいに僕が断捨離をして捨てたものを紹介します。

洋服

f:id:journeykk:20170608135702j:plain

まず洋服。

ぼく自身、洋服には疎いので最初からあまり持ってない方だったんですが、
それでも半分近く捨てました。

タンスの中がこれでもかというぐらいスッキリした。


そろそろ洋服もちゃんとこだわりを持って
気に入ったものだけで揃えようかなぁ。

(・・・ちなみにぼくに白シャツは似合わない。)


f:id:journeykk:20170610094209j:plain

本も4分の1ぐらい断捨離しました。
スッキリ!

以前は本棚にずらっと本が並んでました。

・・・そして、たくさんの本を持っている自分に正直酔ってました(痛い)
きっとモノで自分の価値を高めようとしてたんだな。

・・・でも、もうそんな自分とはサヨナラしました。


そして改めてキンドルに偉大さに気づきました。
いくら本を買っても場所をとらない!


その他

f:id:journeykk:20170608135740j:plain

他にも様々なモノを捨てた&譲りました。

・ベット
・コンポ
・エレキギター
・ギターケース
・物干しスタンド
・メタルラック
・トースター
・除湿機
・置き鏡
・・・などなど

いやー、捨てた。

自分はあまりモノを持ってないと思ってましたが、
実際に断捨離を実践してみると
かなりのモノを持ってることに気づきました。



実際に断捨離を実践した部屋

f:id:journeykk:20170610093502j:plain

じゃん!

・・・って言ってもまだまだモノはあるんだけどね。

でも以前に比べたらだーいぶモノは減りました。

ビフォーアフターみたいに写真撮っておけば良かったなぁ。

断捨離したい人にオススメの本

これから断捨離をしたいというあなたにオススメの本は2冊!

どちらも僕が断捨離をしようと思うきっかけを与えてくれた本です。



「ぼくたちに、もうモノは必要ない。」


断捨離の鉄板本。

もうこれですよ。名作。

モノに溢れた中での生活を送っていた佐々木さんが
断捨離したことによって現れた生活の変化が赤裸々に書かれています。

あと断捨離する方法も詳しく描かれている。

まさに「断捨離の教科書」と呼ぶべき一冊です。



「自由であり続けるために 20代で捨てるべき50のこと」


四角大輔さんが書かれた
「自由であり続けるために 20代で捨てるべき50のこと」。

これタイトル見てわかる通り、
モノを捨てる意味での断捨離を目的とした本ではありません。

「捨てるべき50のこと」の中にモノが含まれています。

ただこの本が気づかせてくれたのは
「自分の必要なもの以外は全てノイズ」だということ。

モノは知らないうちに、少しずつ着実に空間を侵略していく。


棚に入りきらないモノ、床に重ねたモノ、引き出しに入れたモノ、テーブルにのせてあるモノ……。


それらは「いつか片付けよう」と保留したモノかもしれないし、「あると便利かも」と保管しておいたモノかもしれない。


よく見てみよう。それらのモノが活躍したのはいつだ?


大好きなモノ以外はすべてノイズだ。


断捨離したい人に関わらず
全ての人にこの本をオススメしたいです。

もちろん、20代でなくても。


そしてこの本を読んでミニマリストに興味を持ち
本格的に断捨離をしようと思ったきっかけをくれたのがこちらの本。


この2冊があれば断捨離は難しくありません。




断捨離を実践した感想まとめ

「断捨離実践しただけでそこまで変わることねえだろ!」
そう言われるのは分かってます。

でもこれは実際に断捨離によって現れた効果です。
ネットで調べてみると案外同じ体験している人がいる。


食事量も一気に減って、朝早くに目が覚め、生活習慣全般がかなり良くなり、
仕事中も眠くなることがほとんどなくなり、いろんなことに感謝できるようにな(以下省略)

もうとにかくあげればキリがないほどにメリットがあります。


ホント、ただ捨てただけなんだけどね。


なにが言いたいかというと・・・
断捨離、マジでオススメです!

ここにかいてある内容は信じられないかもしれませんが、

騙されたと思って本気でやってみてください!