介護職の壁 排泄ケア(排泄介護)について書くよ!

SPONSORED LINK
f:id:journeykk:20141216001618j:plain

少し汚ないことを書くのでお食事されながらこの記事を見ている方は、一旦「もどる」を押されることをオススメします。

まあ言っとくけどね!

なれちゃうとまったく気にならなくなるよ!

 

ちなみにもしあなたが介護職に興味があるなら、こちらの記事をご覧ください。

介護職の壁 排泄ケア(排泄介護)について

介護の仕事について考えた時にまず最初に考えたこと。

給料について。そして次に考えたこと。お年寄りの排泄物の処理…

介護職につくと言った時に「他人のうんこ処理できるの?」と結構言われました。

 

「介護の仕事大変そう」ともよく言われたけど、それにも多分そんな感じの意味が含まれていると思う。そりゃあそうだよね。だれだって最初は抵抗ある。

これ、きっともしかしたら介護を始めるか考えてる人にとって一つのハードルでもあるんじゃないのかな。

・・・そういえば実際僕もそうだったかも!

 

ヘルパー2級という、介護職の入り口とも言われている資格。

金払って講習受けてレポート出せば誰でも取れる資格があって(今は資格名が変わり試験が必要になった)、

その時に施設に見学実習に行った時は利用者さんの排泄には関わらなかったから、実際にどんなものか分らりませんでした。

 

だから初めて経験したのは今働いてる施設に就職してから。

 

覚悟はしていたけど、やっぱり最初ははキツい。自分のうんこさえ臭いのに他人のうんこなんて。

でも職場の方(女性。可愛い)は笑顔で「そのうち慣れるよ」とのこと。「

慣れれば昼ごはん食べながらその話したりもするよ」…マジっすか?笑

SPONSORED LINK

介護職の壁 排泄ケア(排泄介護)はすぐ慣れる!

最初のうちはそんな感じだったんだけど、たった数日で本当に慣れちゃいました。

しかも思ったより早く慣れた。

当たり前だけど努力もせず、利用者さんの排泄のお手伝いをしていたら自然と。

 

介護職について4ヶ月経った今ではしっかり排泄してくれたほうが健康的で嬉しいと感じるようになりました

・・・昼飯食いながら無意識にそんな話をする気持ちも分かってきた。

 

介護職に就くにあたっていろんな部分で悩むと思う。

もしそこで悩んでる方がいるなら、すぐ慣れるので心配する必要はないと思います。あっという間に慣れます。

 

ちなみに僕は排泄の時間は案外好き。

利用者さんと2人きりになれるから1対1で話が出来るし、介助の時間で1番「ありがとう」と言ってもらえるから。

 

介護職やっぱ好きだなぁ!

 

排泄が嫌で介護職やめるとか本当にもったいない

もしも「介護職に興味あるけど排泄介助が嫌で介護職に就くのを辞める」んなら本当にもったいないです。

ここまで書いた通り本当になれます。若い女の子達ができて、他の人ができないわけがないんです。

それで辞めるのは本当にもったいない。

排泄は必ず慣れます。介護職に興味のある方はぜひ下記の記事を読んでいただければと思います。

また介護職いついてはこちらの記事でしっかりまとめています。ぜひごらんください。

SPONSORED LINK

こちらの記事も読まれています!



シェアしていただけると嬉しいです!