竹原ピストル(和生)という男の生きざま

SPONSORED LINK

f:id:journeykk:20150608125410j:plain

https://www.joinalive.jp/2014/data/artist_img/xxl/5a11fa7623_2.jpgより

竹原ピストルというアーティストをご存じでしょうか?

テレビには全く出ないし、TSUTAYAでもレンタルを行ってなかったりと、世間的にあまり知られていないかもしれません。

でも僕、めちゃくちゃ大好きなんです。アーティストの中で1番っていってもいいぐらい!

そんな僕の大好きな竹原ピストルについて書きたいと思います。

竹原ピストル(和生)という男の生きざま

野狐禅という、生きざま

もともとは野狐禅というアコギとピアノのユニットを組んでました。野狐禅なら知っている人が多いんじゃないでしょうか。

最高にかっこいいアーティストでした。


ならば、友よ / 野狐禅 – YouTube

2009年に解散したんですが、その時のメッセージが本当に熱いです。

“このままでは死んでいるのと同じだろう。生きるとは、何か一つの夢に向かって全情熱をぶつけ続けること、全力疾走し続けていくことではないだろうか。そういった意味でしっかりと生きていこう”と、そんな思いから結成したバンドです。そして、そっくりそのまま、その思いをメッセージの核とした歌を歌う、ということをコンセプトに活動を開始したバンドです。

野狐禅・お知らせより

リンクから全文見れます。野狐禅を知らない方も一度読んでほしい。

とんでもなく生きるエネルギーをもらったバンド。20歳を過ぎてから1番聴いたのは間違いなく野狐禅。

一番好きなのはこの歌。


東京紅葉 / 野狐禅 – YouTube

この歌を今まで何回聴いてきたんだろう。そしてこれから何回聴き続けるんだろう。

その後、竹原ピストル名義で活動

ピアノを弾いていたハマノノリチカがいなくなってアコギ1本で舞台にたつことになった竹原ピストル。

表現の幅が狭まると思いきや、これまで以上に世界観がぶっ飛びます。

才能が認められ、音楽活動のみならず、映画などで俳優活動も行うように。

ダウンタウンの松本人志は才能に惚れ込んだうちのひとりで、自身監督の映画に出演させたり、番組のエンディングに曲を起用したりと、どれだけこの人のことが好きなのかが分かります。

スポンサーリンク


竹原ピストル(和生)の魅力

僕は「この人の何が好きか」と聞かれたら歌詞と答える。

印象にのこる歌として、精神病の友人におくったこの歌があります。


竹原ピストル話題の『LIVE IN 和歌山』 – YouTube

薬づけでも生きろ どうせ人間誰もがなんらかづけでいきてるんだ 大差ねえよ

このひと特有のかっこいい泥臭さと共に、優しさも伝わってくる一曲。

MCも面白い。


竹原ピストル 俺のアディダス ! – YouTube

ちなみにこの曲、松本人志におくった歌だそう。

きっといくつになっても聴き続けるし、背中を押してくれる。

僕にとってそんなアーティストです。

今年のロックインジャパンにも出演!

昨日ロックインジャパンのホームページをみたら、出演アーティストに追加されていました。うおおおぉぉぉぉ!!!!

マジで抽選当たってほしい!ライブハウスで見る竹原ピストルもいいけど、自然の空気をすいながら、たくさんの人とこのひとの音楽を共有したい!

どうか当たりますように!

どうでしたでしょうか。僕が書いたからってファンが増えるわけないんだろうけど、とにかく一度でも聴いてもらえればなと思います!こんなにかっこいいアーティスト、ほかにいないから!!

では!

追記 竹原ピストル(和生)のオススメの曲を紹介

竹原ピストルのオススメの曲をまとめました!

www.yonosuke00.com

どれも名曲です。ぜひお聴きください!

SPONSORED LINK

こちらの記事も読まれています!



シェアしていただけると嬉しいです!