「あのころが一番楽しかった!幸せだった!」じゃなくて「今が一番楽しい!幸せ!」と言えるようでありたい!・・・そんな簡単に過去と今は比べられるもんなの?

SPONSORED LINK
f:id:journeykk:20150831115407j:plain


「あのころが一番楽しかった」じゃなくて「今が一番楽しい!」と言えるようでありたい

 

夢や希望に溢れた詩人やそこらの自己啓発本に乗ってそうな言葉。

時々その言葉がふと頭をよぎったり、誰かと話していてそんな話題になったりする。

たしかにそう思う。めちゃくちゃそう思う。

きらっきらした目で「今がいちばん楽しい!イエーイ!」なんて言いきりたい。

 

「あのころが一番楽しかった!幸せだった!」じゃなくて「今が一番楽しい!幸せ!」と言えるようでありたい!って、そんな簡単に過去と今は比べられるもんなの?

みなさんには「1番楽しかった時期」というものはありますか?

よく聞くのは高校生活や大学生活。「友達とたくさんやんちゃした」とか聞くと羨ましく思う。

そんな生活とは全く無縁だった3年間だったから。

 

僕が今までの自分の人生の中で「1番楽しかった!」といえる思い出をおもいだしてみる。

 

僕は二十歳の時に北海道の宿で4ヶ月間働きました。

宿といっても民宿やホテルではなくユースホステルという形態の宿で、安く泊まることができ旅行者同士の触れ合う機会も多い、ようはゲストハウスのようなとこ。

一緒に働いてたスタッフはみんな旅行好きで、感性も近いものがあって気が合う人ばっかだった。

宿も(北方領土を除く)日本最北の離島、礼文島というへんぴな場所にあり、必然的に旅好きが集まった。

 

普通に生活してれば聞くことのできなかった話や出会うことのできなかった人と出会えた日々。

楽しいことだけじゃなく辛かったりしんどいこともたくさんあったけど、本当に最高の4カ月になりました。

その時に一緒に働いてたスタッフや出会った人達とは今でも連絡を取り合ったり会ったりもしてます。

いじめられていた高校時代、その後就職した工場でも仕事はできない職場に溶け込むこともできないで1年で辞めた僕。

そんな自分にとって本当の意味で生きることができた4カ月間でした。

SPONSORED LINK

 

じゃあ「あの時」が1番楽しくて「今」は1番じゃないのか?

でもその思い出と今って比べられるの?

例えば、仕事終わりに銭湯行ってサウナでたくさん汗かいて、その後にビールを飲むとする。

僕は銭湯で感じるあの幸せが大好きだ。銭湯とビールの組み合わせは最強だと思ってる。

銭湯で体の疲れをとってスッキリした後に胃にビールをぶち込む。

その時「今が一番楽しいですか?」と聞かれたとする。イエスと答えられるか。

うん、絶対に答えられる!!!!!

 

 

あんな充実してた4ヶ月が、銭湯入ってビール飲むだけっていう誰でもできるようなスッカスカな一時に勝るわけないんだけど、でもきっとその瞬間はそう答えられる!

汗かいた後にぐびぐびビールを飲む瞬間の幸せは確かにそこにある!

つまりなにが言いたいのかと言うと・・・

過去と今は比べられねえ!!!!

ちょっと無理やり感あるかな。でも本当にそう思います。

 

今あるのは「あの時」ではなく「今」しかない。今が一番楽しい!

今まで「今が一番楽しい」と無理やりに自分に言い聞かして、苦しくなったりしたことがありました。

今が1番楽しい自分じゃないと許せなかった。

今と昔を比べることも時には必要なのかもしれません。でも、多分もっともっと大事なことがあるんじゃないかな、と最近思います。

もう本当にありきたりな言葉ですが、今をしっかりと大事にして生きていきたい。

生きることができるのは今その瞬間しかないから。

SPONSORED LINK

こちらの記事も読まれています!



シェアしていただけると嬉しいです!