「そんなの無理だ」という大人と、そう思う自分に送る

SPONSORED LINK

f:id:journeykk:20160120173003j:plain

気付かれた方もいると思うけどブログタイトルを変えました。もと「夜のSAKANA。」ブログです!

これからもどうぞよろしくお願いします!

僕の将来の願望

いきなり将来について語るのも変だけど語らせてください。

僕は20歳ぐらいの時から「自分でなにかをしてみたい」という願望がありました。

でもそれはものっすごくブレブレ。「パン屋さんになりたい」とか「弁当屋を開きたい」、「スポーツカメラマンになりたい」「フリーライターになりたい」「プログラマーになりたい」ぐらいに定まってませんでした。

で、それじゃあ今定まったかというと、定まってない。

でも最近、自分がなんとなく分かった気がします。

自分でなにかをやっていたい

上の本業の人たちには「なめんな」と思われるかもしれないけど、正直なんだっていいんです。

なんでもいいけど

自分の力で稼いでみたい

ずっと前から起業とか「フリーOO」にものすごく憧れをもってました。会社からお金をもらうわけではなく自分の力で稼ぐってことに。

そんな中ではてなブログに出会い、「ブログで金稼ぐなんて無理だ」と思ってた自分が、たった本1冊分ぐらいだけど、自分の力で金を稼ぐことができてものすごく嬉しかった。

確かにその通りで、僕も夢を見てるだけかもしれない。

でも、昔からなにをやってもダメだった僕にとって、「書く」という自分の好きなことでお金を得た事実は、本当に大きな衝撃でした。

「自分で稼いでみたい」という幻みたいなものにほんの少しだけ近づけた気がしたから。

スポンサーリンク


凡人でもなにかができる

別にプロブロガーになりたいって言ってるわけじゃありません。とりあえず自分の力で暮らせる分だけのお金を、自分の力で稼いで暮らしてみたいんです。

そういうふうに思えるようになったきっかけがこの本

少ないお金で生活し、好きなことを「ナリワイ」として生きる

この本を読んだ時「凡人の自分でも自分の力で生きることができるんじゃないか」と勇気をもらいました。

「そんなの無理だ」という大人と、そう思う自分にこのブログを送りたい

「自分の力で稼いでみたい」というと「そんなの無理だ」とよく言われます。で、その気持ちもわかります。

当たり前だ。ブログで食ってけるようになるなんて途方にくれちゃうぐらい遠い道だし、実際にまったく稼げてない。

そして心のどこかで「無理だ」と思ってしまう自分もいます。

だから「そんなの無理だ」という大人と、そう思う自分にこのブログを送りたい。

ブログだけで食えると思っちゃいないけど一つのナリワイといえるレベルにはしていきたい。

凡人でも自分の力で生きていける!

最終的に自分の力で飯を食べて生活できることを目標に、このブログを書いていきたいと思います!

SPONSORED LINK

こちらの記事も読まれています!



シェアしていただけると嬉しいです!