退屈だからウルトラマラソン(24時間)に挑戦してみた!ほぼぶっつけ本番!

SPONSORED LINK

f:id:journeykk:20160223012836j:plain
こんばんは!世之介です!

 

僕は以前、24時間耐久マラソンという過酷なイベントに参加してきました!ウルトラマラソンというやつです。

もう…いい意味でも悪い意味でも一生の思い出になりました!!

 

僕がウルトラマラソン(24時間)参加を決めた理由、それは毎日がものすごく退屈だったから

このイベントに参加するまえ、僕は当時5年弱付き合った彼女と別れたとこでした。

 

www.yonosuke00.com

 

ずーっと遠距離で付き合ってきた僕ら。4年ほど遠距離で付き合って僕が彼女の住む静岡に引越して。

 

で、とうとう結婚か!というとこで

 

別れてしまったんです!

 

詳しくはこの記事に書いてあるんですが、別れてからずーっと毎日が退屈で仕方ありませんでした。今みたいにブログにハマってるわけではなく、とくになにもやることはない。休日は地獄。なにもしてないと自然と悲しい気持ちになってしまう。

 

そんな毎日を送っているうちに

なにか刺激的な目にあいたい!!面白い目に合いたい!!!!

 

そう思ってふと思いついたのがマラソンでした。とりあえず自分の体験したことのないことをしたかった。

 

携帯で「マラソン 大会一覧」と検索してでてきたのは全国の開催場所と競技の内容。10キロとかハーフとかいろいろあるなかでひとつの言葉に目がとまりました。

24時間マラソン

え?なにこれ?めっちゃ面白そうじゃん。

 

気付いたら開催している団体のホームページにいき参加のボタンを押していました。

 

そう!ただの勢い!!

 

僕がこのマラソンに参加した理由は走ることが好きとかそういう理由ではなく、ただたんに勢いと刺激的な目にあいたかったから。それだけ!!

 

大した練習もしなく(3キロのジョギングを5回ぐらいしたかな)このイベントに挑みました。

 

ウルトラマラソン24時間マラソン当日

 

開催場所は大阪府堺市の光明池駅のそば、新檜尾公園。

 

f:id:journeykk:20150831140351j:plain
新檜尾公園の画像 – tabico

コースは公園内の外周5キロ。ここをひたすら走り続ける、というルール。5キロ周回に1か所のエイド(食べ物や飲み物が用意されている)が用意されているといった感じ。

 

「同じとこ何度もぐるぐる走るなんてすぐ飽きるんじゃないの!?」と思ってましたがそんなことはありませんでした。それは後々書いていきます。

その新檜尾公園に開始15分前に到着。やべー!遅刻だ!と思って焦ってたんですが、到着してみるとすごくゆるーい感じ。主催者の方も「そんな焦らなくても大丈夫だよー。遅れる人もいますし」とのこと。

僕が想像してたのはこんな感じ

 

f:id:journeykk:20160215121423j:plain

しかし実際その場にいたのは15人ほど。しかもその中で24時間走るのは4人。(他は6時間やフルマラソン)

4人!?

少な!なんかとんでもないとこに来てしまったぞ・・・

 

そう後悔しているうちにスタートの時間に。不安を抱きながら僕たちは走り始めたのでした。

 

SPONSORED LINK

午前9時 ウルトラマラソン24時間マラソンスタート

 

最初はコースの確認ということでみんなでゆっくりと1周。5キロを30分ちょっと。

 

この日は幸運にも曇り空で8月にしてはそこまで暑くない。公園内の外周は日陰が多く、公園のわりにアップダウンが結構あったのがちょっと気になったけど、ランニングにはうってつけ。

 

1周したあとは各自自由にランニング。6時間走やフルマラソンの人はここでグッとペースを上げていく。

 

24時間走の僕は

どのぐらいのペースで走っていいんだ?

と思いながら走っていました。とりあえずゆっくり気ままに、鼻歌歌えるぐらいの感じで走りました。

ウルトラマラソン(24時間)正午

 

12時ごろに25キロ到達。3時間で25キロ。

 

単純に計算してみると12時間で100キロペース。まあペースは落ちるにしても余裕で100キロはいくだろう、と。

じつはこのイベントに参加するとき「100キロ走る」という目標を決めてたんです。このイベントに参加する前に24時間テレビでDAIGOが100キロ走ってテレビが盛り上がっていた頃でした。

 

f:id:journeykk:20150831135910j:plain
画像・写真 | DAIGO、100キロ号泣完走「HM、走りました!」 2枚目 | ORICON STYLE

 

毎日テレビで報道されてるのを見ながら

え?なんでそんなに盛り上がってるの?っていうか人がふつうに歩いて(時速5キロ)20時間歩けば完走できるでしょ?

と思ってました。

あの40歳手前のDAIGOができるんだから25の俺ができないわけないでしょ。

 

 

余裕!!!!!

ということで僕の頭の中には「最低100キロ」「120とかいければいいな」という意識でした。

この頃にはここにきた不安も完全になくなり「よっしゃ!走ろ!」って感じに。

主催者の人には「24時間マラソンでその汗はちょっとかきすぎですよ」と言われましたが「おれ汗っかきだし」と思いました。

 

まあそれでもちょっとペースが速いとは自分でも感じてたので、下げることに。

ウルトラマラソン(24時間)にてフルマラソン分完走!自己ベスト!

夕方4時に公園9周、45キロ走る。フルマラソンで言えば完走。

 

おお!俺フルマラソン分走ったんだ!!!

と喜びにひたる。

 

高校時代に走った30キロが今まで一番長く走った距離だったので自己最長距離も更新。しかしオリンピック見てると2時間20分とかで走っちゃってるけど化けもんだね。

 

しかしこのころには疲れと足のマメの痛みでしっかりと走ることはできず1周まるまる歩き。体もガタがきはじめ1周走るごとに数分のストレッチをしないと足が動かなくなってました。まあまともに練習しなかたから当たり前なんだけど。

 

これを主催者の人に話してみると地面をけりすぎだということ。24時間マラソンやウルトラマラソン(100キロ)にはその競技の走り方があるという。確かに6時間でエントリーしてるうちの1人は競歩のように地面から足が離れてない。

まあまあ!

それでも周50分ほどのペースで歩くことはできてんだから深夜には余裕で100キロいけるだろ!楽勝!!!

途中、エイドに置いてあるバナナやスナックなどではお腹は満たされず、公園からコースアウトして駅近くのコンビニでおにぎりとから揚げを買って食べました。

これ後から知ったんですが、エイドに軽食しかなかったのは理由があったんだよね。走り始めは消化にいいものを、後からだんだん栄養のあるものを、みたいな。でもそれガン無視。からあげとかなめてる笑

 

4時以降、日中よりもだいぶ涼しくなってきて快適な気温に。つい最近まではこの時間でも暑かったことを思い出すと、もうすぐ夏が終わるんだなぁ、と走りながらちょっとさびしくもなりました。

時間が経つにつれ空は暗くなっていく。24時間マラソンというエントリーをパソコンで見た時「夜も走り続けるのか」と想像もつかないことにワクワクしました。

そしてとうとうその夜がきます。

 

ウルトラマラソン(24時間)、55キロ突破

夕方6時。55キロ、園内11周を走った。あたり一面まっくら。夜が来た。

 

参加者の一人(常連さんらしい)が「いやー、やっと雰囲気がでてきたねー」といい、24時間マラソンの参加者は「ここからが本番!」と言わんばかりにいい表情に変わっていった。

 

そう、1人を除いて。

 

f:id:journeykk:20150904151605j:plain

 

バテバテの僕。両手で持っているグレープフルーツを喰らったのち、地面に倒れその後10分ほど動かなくなります。

 

そう!僕以外の参加者はたんたんと走ってるんです!みんなバケモノ?僕が1番若いのにぼくが一番バテてる。

 

なにがキツイかって、痛みに耐えること。その痛みが足のマメだけならいいものも、それをかばいながら歩いたせいでヒザや足首まで痛みがある。

 

そして予想外だったのがマタずれならぬ玉ずれ。(これがハンパなく痛い!女性のみなさんごめんなさい)

 

片足を動かすたびに玉に燃えるような痛みが走り思わず「うぅ」と声をあげてしまうほど。足のマメよりよっぽど痛かった。

 

あとで例の常連さんから聞いた話なんだけど、これにもしっかりと対策があるらしい。

 

両股にワセリンという潤滑油のようなものをぬり、パンツは縫い目の少ないボクサーパンツのようなブツを固定できるものを履くのが好ましいという。しかも縫い目にこすらないように裏表にしてはき、ティッシュを玉と玉のあいだにはs・・・もうやめよう。

 

とにかくそのぐらいデリケートに扱わないといけないらしい。

 

トランクスを履き自分の人生のように宙ぶらりんにしてた僕のブツは、真っ赤にそめあがってからあげ君みたいになってた。

f:id:journeykk:20150904153445g:plain
https://event.yahoo.co.jp/lawson/karaagekun/

 

DAIGO、あなたはすごい・・・・

そう思いながら立ち上がり12周目を走り始めた。

夜に寝ずに歩けば深夜には目標の100キロには到達できる。頭の中でそう計算し、自分を奮い立たせながら。

 

ウルトラマラソン(24時間)で走りながら思ったこと、と70キロ到達

ここの公園を走る前、「同じとこ走るなんて絶対に飽きるだろ!」なんて思ってたんですよ。でもそんなことはありませんでした。それを夜になってからとくに感じた。

 

青かった空の色が少しずつ変わり陽がさす位置が変わっていく。西日が頭上の木の隙間からさしてくる。夕方になって周りの音が静かになっていくうちに蝉の鳴き声がいっそう強く聞こえてくる。夜がくる。蝉の鳴き声がいつのまにか鈴虫の鳴き声になっている。

 

いつのまにか公園の外灯がつき始めて遠くのビルはピカピカに光っている。

 

f:id:journeykk:20150904181832j:plain

 

真っ暗な公園を歩きながらいろんなことやいろんな人のことを思う。これからどう生きてこう。自分はなにがしたいんだろう。というか静岡になんで住んでるんだろう。あの友達は元気かな?元カノはいま何してるんだろう?

 

まったくあきない

これは僕の性格かもしれません。ひとりが好き。ものおもいにふけるのが好き。「どこまで走れるか」と自分と戦っていた他の参加者と違って完全に僕は自分の世界にひたっていました。

 

そんな感じで70キロ到達。外周14周。時間は夜の9時。

 

ウルトラマラソン(24時間)・80キロ到達。時計は0時をまわる

この頃には人がふつうにあるくペース、時速5キロで歩くこともできず、マイケルジャクソンのスリラーにでてくるゾンビみたいな歩きかたで距離を延ばしてました。(わかりにくい)

 

計が0時を回って少ししてからようやく80キロ到達。

残りの20キロ、外周4周が果てしなく遠く感じる。しんどい・・・

 

そう思った時、エイドでカレーが用意されていました。

 

f:id:journeykk:20150831131941j:plain

 

疲れ切った身体と心にカレーの美味しさがすごく染みわたった。

 

うめえええぇぇぇぇ!!!!!

よし、まだいける!あと20キロ。とりあえず1周ずつ歩いてけば終了時間の9時には100キロは歩き切れる!

 

そう思い足を前に踏み出した

 

その時・・・

 

ウルトラマラソン(24時間)ついに脱落

 

足の裏からさっきよりもさらに激痛が。

 

立ってるだけでも痛い。

 

一旦座って靴下を脱いでみると、両足には3センチほどの皮がぶよぶよになったマメ。

 

「これ以上広がったらまずいよ」

 

主催者の人の一言。何かの糸が切れるように、その瞬間僕は仰向けに倒れてしまいました。

 

「もうやめよう・・・」

 

そう決めた瞬間が少しの悔しさと、そして大きな安堵感に包まれました。

結果 走行時間 約15時間半。走行距離80キロ。

24時間マラソンのエントリー4人の中でもちろん僕が最初の脱落者。ぼくよりもひとまわりもふたまわりも年齢の高いおじさんたちがさも当たり前のように暗闇のなかをたんたんと走っている。

 

その後休憩中のおじさんと話していたら原爆の落ちた日の8月6日に広島を出発し3日間で長崎まで走るという物好きの集りみたいなイベントに参加し、見事完走したらしい。しかも野宿しながら。本来は3人リレーで走るところをこのおじさん、1人で走っちゃったらしい。しかもこのおじさんの年齢なんと55歳。化けもんか!

 

そんな感じの人を筆頭に「前日の夜に急に会社に呼び出されて2時間しか寝てない」という人が100キロ余裕で走ってたり。

 

とんでもない世界に足をつっこんじゃった気がしました。

「世界はひろいなぁ」なんて思いながら僕はブルーシートに横になり、そしていつのまにか眠りにつきました。

 

ウルトラマラソン(24時間)・ 朝

目を覚ましスマートフォンの時刻表示を見ると朝の7時。外は明るくなっていて昨日スタートした時と同じ風景が広がってました。「あぁ、もうすぐ24時間が経つのか」と。

 

参加者はみんな走り続けていて、うち2人は140キロまでもう少しというとこ。超人?

 

腹が減ったのでエイドの食べ物を貰いに立ちあがろうとすると・・・あれ?

 

立ちあがれない

 

自分の身体とは思えない感覚で「うおおぉぉ」とか声を出しながらなんとか立ちあがるが、今度は足が前に出せない。いっぽいっぽ踏ん張りながら歩き、ようやくエイドにたどり着く。

 

参加者の差し入れである今川焼にむさぼりつき、食べ終わったあとは歯を磨いたり着替えたりして、それからまたひと眠り。

 

次に目を覚ました時には主催者と他の参加者がゴールテープをもって未だに走り続けている走者を待っていました。なんとか起きて僕も走り続けていた走者を待った。

 

こうして僕の24時間マラソンのチャレンジは幕を閉じました。

SPONSORED LINK

朝9時 フルマラソン(24時間)マラソン終了!

スタートしてからついに24時間が経った。

 

最高記録は155キロ。まるで競歩のように両足が地面から離れず、その走り方でたんたんと走り続けていた人。ずーっと表情が変わらず走り続けてたんだけど、ゴールした時に「やったー!!」と大声を上げながら、達成感に満ち溢れた笑顔で両手を広げてた。本当にすごい。気付いたら全力で拍手してた。

 

次に5キロ差の150キロを走り切ったのはあの例のおじさん。何度でも言いたい。化けもんか!
(おじさん曰く、今回は遊びらしい。確かにエイドでずっと主催者の人と話してたりビール飲んでたりしたな)

 

そしてビリはもちろん僕。80キロ。自分の貧弱ぶりを身をもって知りました。

 

f:id:journeykk:20150905104340j:plain

 

最後にみんなで記念写真。やっぱり走ってる時のあのトイックさがにじみ出るような表情とは想像もつかないぐらいに、いい笑顔をしてる。誰がそうだか説明しなくても分かるかと思います。

ちなみに僕はこの写真を撮るときも足が動かず、引きずりながらみんなの集まるとこまで行きました。疲れと痛みのあまり笑顔がひきつってる。

 

ウルトラマラソン(24時間)終了後、帰りの静岡までの道のり

写真を撮り終わり足を引きずりながら荷物のとこまでいく途中、ある疑問が頭をよぎる。

おれ、このまま無事うちに帰れるのだろうか・・・

案の定

 

地獄!!!

「お家に帰るまでが遠足」ならぬ「お家に帰るまでが24時間マラソン」。公園から駅までの道のりはゆるやかな坂道で、参加者の1人と話しながら行ったのでなんとか気を紛らわせたけど、ここからが試練の連続だった。

 

光明池駅の改札をくぐり上を見上げると、まずはホームまで続く長い上り階段。手すりをつかまりながらなんとか上っていく。うめき声をあげながら本当にいっぽいっぽ。たくさんの人が今から来る電車に乗るために階段を駆け抜けてくなか、僕だけがそこにおいてかれる。はなからこの電車に乗れると思っちゃいない。

なんとかホームまで上りきり次の電車を待つ間の時間、静岡の自宅までの帰り道を想像して気が遠く感じた。

 

絶望した

もしも僕が毎月30万とか稼いでたら、もう迷うことなく新大阪まで行ってひかりで静岡駅までひとっとびなんだけど、いくぶんそんな稼ぎもないもんで行きも帰りも鈍行

 

大阪、米原(滋賀)、大垣(岐阜)、豊橋(愛知)と乗り換え、7時間後、なんとか静岡の草薙駅までたどり着きました。

 

この間の乗り換えも本当に地獄。なにがいちばんきつかったかって、階段を降りるのが1番きつかった。

 

ボロボロになった足に全体重を支えることはできず手すりにつかまり後ろ向きになりながら階段を下ってった。「あの人なにしてんの?」っていう視線を猛烈にあび、女子高生にも笑われた。

 

でも全く、ではないけどほとんど気にならなかった。なぜか。

 

そうしないとお家に帰れないから

 

でも、そんな過酷な帰路のなかでも僕を幸せにしてくれるものがありました。

 

これ。

 

f:id:journeykk:20150831131948j:plain

 

この時の金麦はもうとんでもなく美味かった。本当に涙がでそうだった。

 

ボロボロになった身体に染みわたるビール。15時間半走り続けた後のビール。

 

そして、

鈴虫の鳴き声しか聞こえない夜の公園、ひたすら自分の頭のなかに浮かんだ思想を巡らせ続け、孤独を味わいつくした後に聴く音楽。

 

その音楽を聴きながらビールを飲む時間は本当に最高だった。生きてる実感を強く感じた。冗談抜きで泣いた。

この喜びだけでも、あの過酷な競技に参加して良かったと心から思いました。あぁ、あの時のビールの美味さを味わいたい。

 

ウルトラマラソン(24時間)に参加した後の生活での3つの変化

①距離の感覚がいい意味で狂った

このあいだ会社の人達で構成されたマラソン部の練習に参加してきました。マラソン部といっても走りたい人達が集まって自分の好きなペースで走るという、部活にする必要があるのかないのかわからないぐらいにゆるい部活。

 

コースは川沿い、橋を渡り1周5.5キロ。2周走ったので11キロ。

 

24時間マラソンに参加する前はいつものジョギングコースの3キロですら「長いな」と感じていたんですが、今日11キロ走ってみて「あ、こんなもん?」と思ってしまいました。

 

以前に比べて距離の感覚がおもいっきりずれてた!

「それって生活の役にたつの?」と聞かれれば「うーん」となるけど、

まあ「コンビニまで歩くのダルい」って思うよりだったら「ちょっくら歩いて行ってこよ」って思う方がいいでしょ!

 

じっさい街で行われた職場の飲み会のあと10キロほど歩きました。深夜1時から2時間ほど。ちょっと疲れたけど大したことなかった。

 

参加者の中でビリといっても新宿駅から神奈川の小田原駅まで徒歩で行ったことになるからね。そりゃ感覚ずれるわ。

 

良い意味で距離の感覚が狂った!

②ジョギングの習慣がついた

たかが3キロのジョギングコースを数回走ったとはいえ、走るたびにこんなことを感じていました。

 

体を動かすって単純に気持ちいい!!!

 

すべての人間に当てはまるかといわれればどうか分からないけど、多くの人は体を動かすと気分がすっきりすると思います。

 

僕もジョギングを始めた頃いろいろあって最高に辛い時期でした。彼女と別れてからは1日中ずーっと落ち込んでいる日々ばっか送ってた。

 

でもジョギングを始めてから、少しずつ悩みから解放されていく感覚を覚えました。わかりやすいようにモヤモヤが晴れていった!

 

よく出勤前たか朝に走る人もいると聞きますが、僕は夜道を走るのが好きです。理由は自分でも分からないけど、なんとなく夜の静かな雰囲気が好きなんです。その後のビールが最高に美味いしね!

で、その後ジョギングにハマり、フルマラソンも走りました笑

 

www.yonosuke00.com

 

結果は4時間17分。まあまあかな。

 

でもタイム以上に走ることの楽しさを知ることができました!

 

あ、あと3キロ痩せたよ!

 

③新しい世界が広がった!

これが1番僕の中で大きい。

 

新しいことを始める、ということ

 

距離の感覚がずれたということも、ジョギングの習慣がついたということも全部これのおかげ!

 

で、このまえ参加した会社のマラソン部の練習を通じて、あまり話したことのなかった人と走りながら楽しく話す機会にも恵まれました。これもきっかけはイベントに参加しようと思ったから。

 

大げさかもしれませんが、葉っぱの脈のように枝分かれでどんどん新しいことに巡り合えるかもしれない。イベントに参加したことによって走ることに興味をもって、そこからまた新しい出会いが待っていて。

 

これ、マラソンに限らず同じことでいえると思うんです。今勤めてる介護の仕事についたことで、職場の人が入っていた和太鼓のチームに所属することになったり、ブログを始めたことで新しい出会いがったりとか。

新しい世界に足を踏み入れたらそこからまた新しい世界が広がってる。刺激的で楽しいですよね。

これからも楽しそうなことや少しでも興味を持ったものには果敢に足を踏み入れていきたいです!

 

【まとめ】退屈だからウルトラマラソン(24時間)に挑戦してみた!ほぼぶっつけ本番!

まず結果として、80キロというのは本当に悔しいです。

 

今まで24時間テレビで100キロ以上を完走したといえば、DAIGO、TOKIO城島。そしてイモトアヤコ、エドハルミなど・・・

 

僕より全然年上でしかも女性芸人までもが走り切った100キロを・・・僕は・・・走り切ることができませんでした。

 

くっそおおおおぉぉぉぉぉ!!!!!

悔しさがこみ上げてくる。100キロはいきたかったなぁ・・・

それでも、心から思います。参加して本当に良かった!!!

 

これに参加したからといって僕という人間が変わったわけではない。

 

でも1日中走り続けるという経験は後にも先にもなかなかないこと。そんな経験を体験することができた。そして自分はすごく贅沢な時間の過ごし方をしてると感じました。

 

良くも悪くも確実に人生の中でインパクトの残る1日になるんなら、それはすごくいいこと。

 

そんな一日が僕の思い出にまたひとつ増えました。

うん

本当に参加してよかった!!!!!

 

もし24時間マラソンに興味のある方はこちらをのぞいてみてください。

 

japan100mile.com

 

今覗いたら100キロ遠足とかありました。どんな遠足だよ。ケタが違う笑

 

ちなみにこの日本100マイルクラブのメインイベントは和歌山、奈良、滋賀、京都、大阪、兵庫に至る近畿2府4県の歴史街道を辿りながらゴールを目指す約320キロものレースだそう。

 

japan100mile.com

 

「いつか出てみたら?」と言われたけど、多分僕には無理っす。あの常連のおじさんはきっと参加するんだろうな。

このイベントを通じて一番思ったこと。

 

少しでも気になったことはとりあえずやってみること

と、

 

これからも楽しそうなことや少しでも気になったことには飛びついていきたい!きっとそっからまた新しい世界が広がる!

ということの再認識。

 

そんな感じで明日も、そんでこれからも生きていきたいです!!!

f:id:journeykk:20150906231638j:plain
SPONSORED LINK

こちらの記事も読まれています!



シェアしていただけると嬉しいです!