なぜ人は職業の種類や「結婚してるか独身か」で他人を計るんだろうか?

SPONSORED LINK

f:id:journeykk:20160412134949j:plain

雑感。

というか怒り。

なぜ人は職業の種類や「結婚してるか独身か」で他人を計るんだろうか?

職場や知人同士の会話でよく疑問に思うことがあるんですよ。

「あの人なんの仕事してるの?」

「あの人結婚してるの?」

この質問、本当にそのことを知りたいのかな?って。

もちろんその情報が必要な場合もあるんだろうけどさ、僕には違って聞こえるわけですよ。

「どの程度の人間なの?」

でしょ?

職業の種類や「結婚してるか独身か」というものさし

きっとね、そういったものさしがあるんですよ。どの程度の人間か計れる便利なものさし。

あら、便利。

じゃねえっつうの。

きっとね、そういったものさしを他人におしつけて、計れもしないものを計った気になって、そんで自分を比べるんですよね。

で、自分がまさっていたら優越感。
相手がまさっていたら嫌悪感、からの相手を否定。

どっちにしても良くない笑

でも確実にそういうものさしって存在してるんですよね。

SPONSORED LINK


なに?職業の種類や「結婚してるか独身か」で人の価値って決まるの?

でね、そんな計れもしないものさしで勝手に人の価値を決めちゃうんですよ。

給料の高い職業か、低い職業か、働いてるか、働いてないか、結婚はしてるか、してないか。

「しょうがないよ。社会的にそういうふうに見られるんだから」

これはある人に言われた言葉。1ミリも分からない、とは言いたいけど、実際自分も心のどこかでそういうものさしが存在してるのかもしれない。

でもね、それを容認したくないんです。

そんなんで人の価値が決まるもんなら、なんて薄っぺらい世の中なんて思っちゃう。

「生きやすい人、生きづらい人」ってのはただこの世の中に適応してるかしてないか、だけなだけ。

その人の価値じたいはぜったいに変わらないんです。

そんな計れもしないものさしで人の価値を決めないでくれ。押し付けないでくれ。

もうさ、職業の種類や「結婚してるか独身か」で人を計るのやめよう

ホント、どうでもいいよね。そういうの。

ぼく自身なんども計られて、そんでバカにされたりもして、すごく嫌な気持ちになった。

そういうものさしがあるかぎり、比べられる方も、そして比べる方も苦しいまま。

比べる方もホントは苦しいの、気付いてるでしょ?

どんな自分であれ、どんな人であれ、自分が良いと思った生き方をして、自分が「いいな」と思った人と付き合っていきたい。

ほんとうのものさしは、きっと肩がきなんかじゃ計れないんだ。

SPONSORED LINK

こちらの記事も読まれています!



シェアしていただけると嬉しいです!