2年勤めたぼくが介護職の悪いイメージを全力でぶち壊してみる メリット・デメリットまとめ

SPONSORED LINK

【2017/9/15更新】

「介護って実際どうなの?」

今これを読んでいるあなた、そう思っていませんか?

介護職の情報って本当に少ないですよね。あったとしても、マイナスなイメージばかり。

ネットやテレビでよく介護職の現状が取り上げられますが、
その取り上げ方は「介護職は厳しい!」みたいな取り上げ方がやっぱり多い。

その証拠に、これを読んでいるあなたも介護職に対するイメージってあまり良くないのではないでしょうか?

 

・・・ですが、介護職は多くの人が思っているほど悪い職業ではありません。

今回は2年介護職に勤めた僕が、介護職の実態について書いていきたいと思います。

この記事を読めばあなたの介護職のイメージは変わること間違いありません。

SPONSORED LINK

介護職は本当にきつい仕事?

f:id:journeykk:20160604154825j:plain

あなたは介護職をかなり大変な仕事と思っていませんか?

確かに楽な仕事ではありません。大変な面も多いです。

でも、飲食や工場勤務など様々な仕事を経験した僕から言わせてもらうと、はっきり言ってキツくないんです。

飲食の時みたいに地獄のような残業もないし、工場勤務のように危険なこともない。営業のようなノルマもありません。

「介護職はきつい!」という人は、その人が勤める職場の環境が悪いだけ。介護の転職サイトを利用すれば良い求人にたくさん出会えます。

もちろん楽な仕事と言ってるわけではないですよ。

僕が言いたいのは、世間大勢の人が持っている「介護職が特別大変な仕事」というイメージが間違っていると言いたいわけです。

介護職が特別大変だと言われる意味が分からない。

 

・・・ではこれから具体的に介護職の良い点、いわゆるメリットについて書いていきます。

ここから書く事実をしっかり目に焼き付けてください。

 

2年介護職を務めたぼくが思う介護職のメリット

介護職は給料が安定してる

「はっ?給料が安定してるわけないじゃん」

そう思われるかもしれません。
たしかに給料の平均から比べれば低いです。

厚生労働省の調べによると全国の給料の平均は400万ほど。

それに比べて介護職の平均年収は310万。全国平均と比べるとたしかに低いですね。

ですが考えてみてください。310万(月20〜23万)あれば普通に生活していけませんか?

今のご時世、ボーナスがでない会社もたくさんありますが、介護職はボーナスがでるところが多いです。

 

ちなみに、ぼくの去年の年収は330万ほど。

同じ介護職でも職場によって給料は大きく違います。

これをどう思うかは人次第だけど、少なくてもぼくは不自由なく生活を送れています。

ちなみにぼくの職場では3人のお子さんを養っているお父さんもいる。

介護職は給料低いから結婚できないなんていうけど共働きすれば余裕で生活できるんですよ。

 

介護職は休みがしっかりしている

介護職の職場環境がどうとかよく聞くけど、飲食や工場勤務を経験したぼくからしたらとくになんてことありません。

介護職は休みがしっかりしている。

これがすごく大きい。

ぼくの今勤めてる施設は月に9~10日ほどの休みがあるんですね。

介護職に勤めるまで週休2日制の仕事は大企業や公務員しかないと思ってたので、介護職に就いてからびっくりしました。

・・・ですが、たまーにそれぐらいとれない月もあります。

でもその場合は買い取ってくれるんです1日8000円ほどで。

ここの職場だけなのかとも思ったけど、
いくつかの職場を経験している人の話を聞いたらどこもそのような感じでした。

 

介護職は現代の生きるセーフティネット

f:id:journeykk:20161002091959j:plain

「介護職は就職しやすい」

これは介護職の大きなメリット。

「人手不足なんだから当りまえだろ!」

そう思われるかもしれません。でもこれは良い点でもあるんです。

だって、裏を返せば簡単に就職できるというわけですよ。

介護職は現代のセーフティネットと言っても過言ではありません。

介護職は給料もしっかりあって休みも多い。にも関わらず就職のハードルが低い。

仕事がない時代とかよく言われているけど、「介護職があるじゃん!」といつも思ってます。

 

一度介護職を経験しちゃえば、「介護職があるからなんとかなる」って感じる

生きるためのハードルがびっくりするほど下がりますよ。

 

ちなみに今は介護職に特化した転職サービスがあります。

介護の転職サービスはハローワークと違って介護職に特化しているので、自分に合った職場を見つけやすいです。

 

介護職は職場を選べる

さらに介護職の大きなメリットとして、就職しやすいだけではなく他の施設にも移りやすいことがメリットに挙げられます。

経験を積んで、3年の業務と試験通過を突破すれば国家資格・介護福祉士を取得できる。

そうなればもう職場は選び放題。

介護福祉士は今の介護業界で引っ張りだこ状態。

どこの施設だって介護福祉士の資格を持った人材は欲しいんです。

 

もちろん、資格がなくても介護職の就職するハードルは十分低いです。

介護職は仕事環境が職場によって大きく異なるし、時にはギスギスした人間関係に悩むこともあるかもしれない(男はたぶん大丈夫。めんどくさいものは関わらなければいいから)

万が一そんな職場に就いてしまったら職場を変えれば良いだけなんです。

職場を変えていけば、そのうち自分に合った職場というのが見つかります。うちの職場でもそのような人たちも何人かいましたよ。

介護職のプロフェッショナルを目指したい人もいろいろな職場を経験すれば良いですね。

他の職業の場合、企業が求職者を選ぶ感じですが、求職者側が環境の良い職場を選ぶことができるのが介護職の大きなメリットです。

介護職は他の職種に比べて履歴書の職業欄の多さはデメリットになりません。

 

介護職・夜勤明けという名の2連休

介護職には夜勤がつきもの。これを読んでいるあなたも知っているはず。

「夜勤はきつそうだなぁ」

と思う人もいるはず。

たしかに夜勤は楽じゃないですが、夜勤をするにも大きなメリットがあるんです。

それが夜勤の翌日が「明け」といって勤務扱いになること。

ようは夜勤が明けた日から翌日までが休みになるんです!

こんな感じですね。

1日目 16時から仕事開始

2日目 朝9時に業務終わりここからフリー

3日目 休み

 

1日目に長く働くぶん、実質1日半もの休みがもらえます。

なのでぼくは2日目の業務終了後、少し仮眠をとって遠出することが多いです。

2連休みたいなもんだよね。

 

静岡に住むぼくはよく名古屋や東京に遊びに行ってます。。

f:id:journeykk:20141128224813j:plain

こうしてたくさんブログを書けるのも、介護職だから。

夜勤は一見介護職のマイナスポイントと思っている人が多いけど、プラスな面もたくさんあるんです!

 

男にとっては出会いが多い

誰でも知ってるけど、介護職は女性が多いです。

男にとっては圧倒的にチャンス。

職場結婚する人は結構います。もちろんうちの職場でも本当にたくさんいるんですよ。(悲しいことにぼくはそういうことはありませんでしたが笑)

あと、「女性が苦手!」という女性も介護職に就けばだいぶ慣れてきます。

じっさいぼくはコンビニの店員とさえも目を合わすのがダメなほど女性が苦手でしたが、ここで働いてだいぶ改善されました。

 

キャリアが積める

最初に少しふれましたが、

介護職は経験数と試験の合否(合格率60%以上)で介護福祉士(国家資格)を取得できます。

介護職は資格がものを言う世界。

その資格をとれば給料に反映されるし、別の待遇の良い職場に移ることも容易にできる。

資格というはっきりしたものがあると介護職ではかなり優位になるんです

しかも、その後5年勤めるとケアマネジャーという資格を取得できる権利を得ることができます。

低給料といわれる介護職でもケアマネージャーになれば年収370〜400万前後はもらえます。

介護職のキャリアは「資格」と「経験年数」によって表されるので、その分積みやすいんです!

 

介護職は体を動かす

f:id:journeykk:20161122110647j:plain

介護職って意外と身体を動かす機会が多いんですよ。
利用者さんをお風呂に入れる時や利用者さんの移動・移乗とか。

意外と体育会系で、あらゆる場面で身体を動かすんですね。
(と言っても50代の女性でも務めることはできます)

身体を動かすと人間は心が前向きになるという話を聞きますがこれは介護職に勤めて本当に実感した!

何か悲しいことがあった時でも、仕事で身体を動かしてると自然と心が前向きになっていくんですよ。

もちろん職場や業務内容によっては「しんどい!」と思うこともあります。だからこそ転職サイトを利用して職場選びをするべきなんです。

僕にとって身体を動かすことは介護職の中でのやりがいでした。

 

介護職は人のためになる

f:id:journeykk:20161115125601j:plain

「どんな仕事も誰かの役にたつ」という人がいます。確かにその通り。

でも、それを感じることができないと意味がなくない?

僕は工場に勤めていた時はまったく感じなかったんですよ。人のためになるということが。

人々の生活に必要な水道の部品を作っていたけど、ほとんど感じなかった。だって相手の顔が見れないじゃないですか

でも介護職の場合は、ダイレクトに「人の役に立っている」ことを感じることができるんです。

 

そしてもちろん、これは「人のためになりたい」と思う自分のため。

介護職は大変とよく言われます。確かに楽ではありません。

でも、人の役に立つことが実感しやすいのも介護職のやりがいです。

 

介護職に興味があるなら転職サイトを利用しておこう

いかがでしたか?おそらく介護職のイメージが変わったはずです。

それでは一つ質問です。

もしもあなたが介護職に就こうと思う時、ハローワークを利用しますか?

 

・・・もちろん、ハローワークを利用するのも一つの手かもしれません。

ですが、ハローワークよりも、介護職に特化した転職サービスを利用することをおすすめします

介護職の転職サービスを利用するメリットはいくつもあります。

メリット デメリット
介護の求人サイト ・転職コンサルタントの転職サポートしてくれる
・事前に施設の評判や雰囲気を知った上で勤めれる
・登録しないといけない手間がある(30秒〜1分)
ハローワークetc ・介護職以外の仕事も探せる ・求人票でしか職場の情報が知れない
・紹介者は介護職に詳しいわけではない

転職サービスはこれだけのメリットがあります。

特に大きいのは転職コンサルタントのサポートを受けられるところ。

自分一人の力だけで転職活動をするとどうしても失敗する確率が高くなってしまいます。

・休みが異常に少なくて
・サービス残業ばかりで
・給料がかなり少ない

そんな施設に就職したら、辛い毎日を送るのは目に見えてます。

実際、介護職はアタリハズレがあるので、そのような施設で働いてしまうのも可能性は低くありません。

だからこそ介護の職場を見つけるなら、その道のプロの力を借りれる介護の転職サービスがオススメです!

世之介
いますぐ介護職に就く予定がなくても登録しておいて損はありません。転職コンサルタントと相談しながら焦らずに自分にぴったりの職場を見つけましょう。

これを読んでいるあなたが介護職に少しでも興味があるなら、登録しておいた方が確実に良いでしょう。

登録方法
登録方法は記入事項を入れるだけ。たったの1分で終わります

ちなみに転職サイトによって扱う求人は全く異なります。

なのでこれから紹介する2つのサイトに登録しておくことで就職の幅はかなり広がります。

ここが良い職場につけるかつけないかの分岐点です。本気で良い職場に出会いたいなら複数の転職サイトに登録しておきましょう。

それではいくつもの介護転職サービスの中から厳選して紹介します!

 

 

評判の高いおすすめ介護転職サイト

未経験者に優しい「ミライユキャリア介護」

f:id:journeykk:20170322224528j:plain

まず最初に紹介するのが「ミライユキャリア介護」。

ミライユキャリアは幅広い地域での求人があり、高い人気を誇る転職サービス。

介護職の中では高待遇な年収440万円の案件もあります。これはすごい!

ミライユキャリアは他の転職サービスにはない手厚い転職サポートを行っているのも大きな特徴です。

ミライユキャリア介護のおすすめポイント

  • 介護職未経験者にありがたい転職サポート
  • 年収400万以上のレア求人あり

 

 

大企業運営で安心「きらケア派遣」(正社員も可)

f:id:journeykk:20170715132137j:plain

介護職の派遣ならきらケア派遣

きらケア派遣は大手企業「レバレシーズ」が運営する、とても信頼度の高い転職サービスです。

介護職の派遣には様々なメリットがあります!

 

・企業が仲介って労働条件を交渉してくれるので自分の希望の勤務日や時間が通る

・時給が高くサービス残業がない

・自分のライフスタイルに合わせて働ける

 

介護の派遣は自由度がかなり高く、他の業種と違って仕事が途切れることがない。

「介護職って自分に合ってるのかな?」と思っている方は一度派遣で短期間働いてみるのもアリです。

きらケア派遣では正社員の求人も取り扱っています。

・・・ただ唯一のデメリットは地域が限られていること。

東京,神奈川,埼玉,千葉,大阪,兵庫,愛知,福岡が対象です。

もし対象地域に当てはまるならここは必ず登録しておきましょう。

きらケア派遣のおすすめポイント

  • 大企業が運営しているので安心
  • メリットが大きい介護派遣に力を入れている

 

介護職のデメリット

f:id:journeykk:20160604155330j:plain

ここまで介護職のメリットについて書いてきました。

しかし、介護職の真実を伝えるためにもデメリットについても伝える必要があります。

 

介護職は給料が低い

介護職は最初に書いた通り、給料は安定しています。

ですが、その給料は「人によっては」給料が低いと感じることもあるかもしれません。

20〜25万ほどの給料がもらえると聞いて、あなたなら

「たった20万!?少ない!」

と思いますか?

それとも

「20万もあれば十分生活していけるな」

と思いますか?

 

もしも後者なら、介護職でも十分にやっていけるはず。

もしもお金に余裕が欲しいなら夜勤のある施設を選ぶことが必須です。夜勤手当はかなり大きいです。

じっさいぼくの今の給料の3分の1ほどは夜勤手当です。これがあるから貯金もできるし遠出もできます。

・・・ちなみに、まだ就職したてで夜勤がなかった頃は、給料が15万でした。

まぁ、それでも僕の場合は普通に生活できたいんですけど。

 

いくつかの節約ポイントを抑えれば多くない給料でも普通に生活していけます。
(ちなみにぼくは月によって10万貯金することもありました)

ちなみに僕は介護職に勤めてから2年間で200万貯金しました。

こんな感じで、介護職に就いても普通に生活していけるんですよ。

 

不規則な生活リズム

f:id:journeykk:20160604155350j:plain

介護職のデメリットとして、夜勤が多い分、生活リズムは崩れがちになります。

・・・これは仕方ありません。
どうしても規則正しい生活を送りたければデイサービスなどの施設に就職すること。

夜勤がない分、給料は少ないです。
ですが、転職サービスを利用すれば夜勤がなくても納得のいく給料がもらえる職場に就職しやすくなります。

 

介護業務に抵抗がある

あなたは排泄業務についてどう思いますか?

よく介護職に勤めてると言うと「大変だねぇ」と言われるけど、そのる理由の一つが排泄業務だと思います。

これは良くない点、というより完全に慣れ。もう本当にそれしか言えない。

もちろんぼくも最初は抵抗がありました。そりゃそうだ。抵抗のない人なんていない。

でも1週間ほどで慣れました。みんなそんな感じ。

「介護職に就こうか迷ってるけどちょっと抵抗が・・・」という人は本当にもったいない。

だってホントにあっという間に慣れるんだもん。

それだけで介護職を諦めるなんて本当にもったいないですよ。

若い女性の人達が排泄介助を余裕でできるんだから「無理!」なんてことは絶対にないんです。

 

 

腰痛のリスク

これもよく言われます。「介護職は腰を痛めやすい」と。

たしかに腰痛にはなりやすいのは事実。

でも、和らげる方法はいくらでもあるんですよ。

毎日ストレッチする、整体に通う、そして身体に負担のかからない介護の仕方をする。などなど。

介護の仕方で腰にかかる負担は大きく違う。正しい介護の仕方をすれば負担は減らせるはず。

 

そもそも日本人は腰痛の割合がものすごく高いといわれている。日本人の90%は腰痛を経験してると言われています。

実は介護職が特別腰痛になりやすいということではないんです。

飲食はたちっぱなしだし、デスクワークだって座りっぱなしで腰痛になりやすい。

そう思えばリスクとはこれはあまり言えないのかもしれません。

 

介護職はあう合わないがはっきりしている

「介護職は人によって合う合わないがはっきりしている」

これはいい点でも悪い点でもあります。
これはじっさいにやってみないとわからないことなのでなんとも言えません。

でも、どんな仕事にだって合う合わないはあります。介護職に限ったことではない。

だからこそ、少しでも興味があれば介護職に挑戦して欲しいんです!

 

もしも迷ってるなら一度就いてみては?そのおおきなたったひとつのメリット

f:id:journeykk:20160604155417j:plain

介護職に就こうか迷っている人へ。

ここまで介護職に対するメリットとデメリットについて書いてみました。

ぼくが介護職に約2年勤めて、いろいろと視野が広げることができたんです。

とくに一番大きいのは、人生において、生きるセーフティネットを得ることができたという感覚。

「あ、どうにもなんなくなったら介護職に就けばいいか」と思えるようになったんです。

この感覚は大きい。だからぼくは思い切って仕事を辞めることができる。

 

そして介護を体験できたこと。

この経験はいつか自分の親の面倒を見ることになった時、大きく役に立つはずです。

 

介護職のメリット・デメリットまとめ

ここまで書いた介護職のメリット・デメリットをまとめます。

 

介護職のメリット

  • 介護職は就職しやすい。よって生きるセーフティネットとなる
  • 職場も変えやすい
  • 給料がしっかりもらえる。ボーナスもある
  • 休みが多く、夜勤明けもある
  • 男性は出会いが多い

 

介護職のデメリット

  • 給料が「人によっては」少ない
  • 生活リズムが崩れる
  • 抵抗がある(慣れる)
  • 腰痛のリスクがある

 

いかがでしたか?

もしも介護職に興味を持ったとしたら、すぐに行動をした方が良いです。

今の生活を変えたいと思ったら、その瞬間に行動をしないと変わることはできません。

介護職に少しでも興味があるなら転職サービスに登録しておいた方が良いです。

間違ってもハローワークを利用することはおすすめしません。

転職サイトとハローワークの違いは以下の通りです。

メリット デメリット
介護の求人サイト ・転職コンサルタントの転職サポートしてくれる
・事前に施設の評判や雰囲気を知った上で勤めれる
・登録しないといけない手間がある(30秒〜1分)
ハローワークetc ・介護職以外の仕事も探せる ・求人票でしか職場の情報が知れない
・紹介者は介護職に詳しいわけではない

 

転職をするなら介護の転職サービスを利用するのがオススメ!

特に大きいのは転職コンサルタントのサポートを受けられるところ。

自分一人の力だけで転職活動をするとどうしても失敗する確率が高くなってしまいます。

・休みが異常に少なくて
・サービス残業ばかりで
・給料がかなり少ない

そんな施設に就職したら、辛い毎日を送るのは目に見えてます。

実際、介護職は当たりハズレがあるのでそのような施設で働いてしまうのも可能性は少なくないのです。

介護の転職サービスに掲載されている求人はハローワークにはない好条件の求人が多いです。しかし、好条件の求人は人気のため、早めになくなってしまいます。

 

これを読んでいるあなたが良い職場に就職するためにも、早めに登録して職場を探すことをオススメします。

複数登録しておくと、その分就職の幅がかなり広がりますよ!

登録は完全無料!もしも本気で転職をしたいなら、今すぐ登録しておくことをお勧めします!

登録方法
登録方法は記入事項を入れるだけ。たったの1分で終わります

ちなみに転職サイトによって扱う求人は全く異なります。

なのでこれから紹介する2つのサイトに登録しておくことで就職の幅はかなり広がります。

ここが良い職場につけるかつけないかの分岐点です。本気で良い職場に出会いたいなら複数の転職サイトに登録しておきましょう。

 

国内で評判の高い介護転職サイト

ミライユキャリア介護

f:id:journeykk:20170322224528j:plain
国内最大級の求人を誇るミライユキャリア介護は幅広い地域での求人があります。

未経験・無資格でも登録することができる人気の高い介護転職サービス

これから介護職を始めたいという方にはかなりオススメの転職サービスです!

 

きらケア派遣

f:id:journeykk:20170715132137j:plain

介護職の派遣ならきらケア派遣

きらケア介護は大手企業「レバレシーズ」が運営する派遣に特化した転職サービスです。

介護職の派遣には次のようなメリットがあります。

 

・企業が仲介に入って労働条件の交渉をしてくれるので自分の希望の勤務日や時間が通る

・時給が高くサービス残業がない

・自分のライフスタイルに合わせて働ける

 

介護の派遣は自由度が高く、自分のライフスタイルにあった働き方ができます。

「介護職って自分に合ってるのかな?」と不安になる方は一度派遣で短期間働いてみるの良い選択ですね。

ちなみにきらケア派遣では正社員の求人も取り扱っています。

・・・ただ唯一のデメリットとして地域が限られています。東京,千葉,埼玉,神奈川,大阪,兵庫,愛知,福岡が対象です。

もし当てはまるならここは外せません。選択肢を広げるためにもミライユキャリアと一緒に登録しておきましょう。

 

最後にぼくが一番伝えたいこと

f:id:journeykk:20160418130927j:plain

ここまでながながと書いてきたけど、ぼくが最後に言いたいこと。

「介護職は特別な仕事ではない」

ということです。

 

よく介護職に勤めてるというと「大変だねぇ」と言われることが多いんだけでも、そんなことはない。

ぼくが介護職に向いていた、ということもあるかもしれないけども、大変じゃない仕事なんてほとんどないはずです。

営業にはノルマがある。飲食には当りまえのように長時間の残業がある。工場勤務は危険が伴う(高校の先輩が工場の爆発事故で亡くなった)。

どの仕事にもそれぞれの大変さがありますよね。

それを介護職だけ特別な職種のような扱いをされている。だけどそんなことはない。

たくさんの職種の中の1つの職業。これぐらいの認識でいいはずです。


ぼくは今までいくつかの職種に就いてきたけど、この仕事が1番楽しかった。休日はしっかり年間120日もあった。そしてなにより安定した精神状態を保てた。

おばあちゃん子だったぼくはたくさんのお年寄りに可愛がってもらえた。人間相手だから当然嫌になることもあったけど、楽しいこともたくさんあった。

 

2年介護職に勤めた今、こう思います。

介護職に就いて良かった!

 

もしなんの仕事に就くか迷ってるなら、介護職という仕事がひとつの選択肢にあってもいいんじゃないか。

ここまで読んでくださってありがとうございました!

 

以上!世之介でした!

では!

SPONSORED LINK

こちらの記事も読まれています!



シェアしていただけると嬉しいです!