僕が26年間ずっと幸せになれなかったたった1つの理由

SPONSORED LINK

f:id:journeykk:20161121184945j:plain

去年の6月、僕は当時勤めていた介護の職場を辞め、無職になりました。

そして、それと同時にパソコンで生計を立てることに挑戦。このブログとクラウドソーシングを使って生計を立てようと思ったんですね。

会社に勤めている時から「自分の力で生計を立てたい!」と思っていて、

「フリーランスになって場所と時間に縛られずに生きれるようになれば、俺は幸せに生きれるんだ」と思ったんです。

そして今、僕は本当にパソコンで生計を立てれるようになりました。

会社に勤めている時から抱いていた夢を叶えることができたんです。

時間にもあまり縛られないし、場所にも縛られない。今だってこうして地元に帰って仕事をすることができる。

自分が願ってたことって本当に叶うんだなって思いました。

f:id:journeykk:20161124225856j:plain

でも、僕の中で一つ引っかかることがあります。

それは今の僕が、自分が思っていたよりも幸せではないということ。

人によっては「何言ってるんだ」と思うかもしれません。

確かに会社に勤めている時と比べてだいぶストレスはなくなりました。

でも「あなたは今、幸せですか?」と聞かれたら、心からイエスと答えられない自分がいます。

あのとき、

「フリーランスになって場所と時間に縛られずに生きれるようになれば俺は幸せに生きれるんだ」

という願いが叶ったにも関わらずです。

で、つい先日ランニングをしながら「あれ?俺この生活を願ってたにも関わらずなぜ幸せじゃないんだろう?」と思ったんですね。

答えはすぐに出てきました。

「自分が幸せだと思える心を持ってないんだ」と。

以前勤めていたときの僕がただ単に、幸せじゃない理由を、ただ環境のせいにしていただけでした。

当時の僕は、目の前に映る世界の、悪い点ばかりを見ていました。

確かに日々の生活の不満はありましたが、職場の人たちは良い人たちばかりで、お金にも困らず、何一つ不自由ない生活を送っていたにも関わらず、です。

当時の生活を面白がろうとももせず、「今の生活は面白くない。だからフリーランスになって幸せになる」と。

日々の生活で自分で面白いことを見つけようとしなければ、楽しいことがあっても噛み締めようともしない。

そんな心の持ち主は、たとえどんなことがあっても幸せになんかなれないんです。

「幸せになりたい」って思っているうちは、いつまでたっても幸せになれない

ようやくこのことに気づきました。

幸せに必要なのは、環境でもモノでもなく、「そう思える心」でした。

f:id:journeykk:20161122110647j:plain

僕は今、実家で仕事をしています。

仕事以外の時間を大好きな家族と過ごしながら、母が作ってくれる美味しいご飯を食べながら、たまに数少ない友人と会いながら、地元での生活を過ごしています。

でも、これだけの環境で幸せだと思うか思わないかは、自分の心次第です。

幸せになりたい、じゃなくて今、幸せになる。

そして幸せだと思うのは自分の心次第。

気付くのにだいぶ時間がかかりましたが、これからしっかりと今をかみしめて生きていきます。

SPONSORED LINK

こちらの記事も読まれています!



シェアしていただけると嬉しいです!