【完全版】介護職の転職を成功させる方法とホワイト求人に出会うコツまとめ【30代.40代の中途採用】

SPONSORED LINK

・「介護職に就きたいけど、きつい職場に就職してしまわないか不安」

・「介護職に興味があるけどもう40代だし・・・今から未経験の仕事に就けるか不安」

 

このような悩みはありませんか?

就職のハードルが低いことや人のためになれる職業だけあり、多くの人が中途採用で転職してきます。

でも・・・30代を超えてくると、未経験から転職するのにどうしても不安ですよね。

でもこの記事に出会えたからには大丈夫ですよ!

世之介
元介護士が「介護職の転職を成功させる方法とホワイト求人に出会うコツ」を徹底解説してきます!

難しい?介護職が未経験で不安な人に知ってほしいこと

まずあなたに伝えたいこと、それは不安になる必要がないということです。

それはなぜか?

介護職は多くの介護士は中途採用で入ってきているからです。

高校や大学、専門学校を卒業して就職した介護士ももちろんいますが、それと同じぐらい、中途採用の介護士が多くいます。
僕もそのうちの一人です。

介護職に限らずどんな仕事も最初は未経験。

なので「介護の転職は難しいのでは?」と不安になる必要はありませんよ。

 

介護職に転職する年齢制限はなし!正社員になれる

介護職に転職する年齢制限はほとんどありません。

なぜなら、介護職は基本的に人手不足だということと技術よりも人柄重視の職業。

なので、ある程度の年齢を重ねても就業ができます。

介護職員の平均年齢は43.2歳と他業種よりも高いんですね。

なので30代はもちろん40代のでも十分に通用する年齢です。

さらに近年では、仕事に対して給料よりもやりがいを求める人が増えており、50代の中高年が未経験から介護職に転職する人もかなり増えているんです。

もちろん正社員として転職ができますよ。

 

30代後半の年齢でも介護転職は早い方

長年会社に努めてきて「そろそろやりがいを求めて働きたい」と思うのがだいたい30代後半。
人によっては会社にリストラされて就職しやすい介護職に転職しようと思っている人もいるかもしれません。

先ほども紹介しましたが、平均年齢は43.2歳。

30第後半なら逆に早い方といっても過言ではないのです!

 

介護転職は男性・女性に差はない

介護職といえば女性が多い職場だと思いがちですが、それは遠い過去の話。

年々男性介護士が増加しており、職場によっては男性女性の比率が半々ということも多いです。

とくに男性は女性に比べて力があることから、女性よりも重宝されることも多いです。

 

介護資格は働きながら無料で取得できる

介護職は無資格でも就業できます。

資格を持っていても持っていなくても仕事内容に変わりはありません。

・・・ただ就業前に資格を取得していればメリットもあります。

資格を持つことでまず応募できる求人の数が増えます。

介護の求人には「介護職員初任者研修(旧ヘルパー2級)以上の資格保有者」が条件としているところも少なくありません。

しかし、実は介護職に就いてから無料で資格を取得する方法があるのです。

それがスタッフサービス・メディカルはテレビCMでおなじみのスタッフサービスが実施している資格支援制度です。

 

介護職に未経験から就業するなら資格支援制度を利用しない手はない

資格支援制度とは、その企業のスタッフとして働くことで資格にかかる費用を全額負担してくれる制度です。

その企業のスタッフとして働くことで給料を受け取りながら、同時に資格にかかる費用を全額負担してくれるのです。

この制度を利用すれば、未経験でもOKな就業先を紹介してもらえる上に、資格にかかる費用まで負担してくれるんです。

僕は未経験で介護職に転職する際、12万かけて資格をとりましたが、この制度を知った時、かなり損した気分になりました・・・笑

しかも資格支援制度のメリットは働きながら資格が取得できること。

1〜3か月の講座を受講してから転職活動するとなると、無職期間が長引いてしまい転職に不利になります。

しかし、資格支援制度を利用すれば働きながら資格が取得できます。しかも受講費は企業が全額負担。

資格支援制度を実施ている「スタッフサービス・メディカル」は転職サイトランキングでも1位でおすすめです。

未経験者からのスタートが半数を占めており、これから介護職につく人にとってはかなり心強いはずですよ。

スタッフサービス・メディカルはテレビCMでおなじみの>>スタッフサービス・メディカルの詳細はこちら

 

いつから?介護職に転職時期タイミングはなし!今すぐ転職すべき

基本的に介護職の転職におすすめのタイミング(転職時期)はありません。

介護職は高齢者が増えており多くの施設で介護士を募集しています。

ただ、人気の求人は早めになくなるため、少しでもやる気があるなら早いうちに行動したほうが良いです。

世之介
介護職に就きたいと思った時が転職するタイミングです!

介護転職でホワイトな求人とは?

「介護職=きつい仕事」

そうイメージしている人が大半だと思いますが、全くそんなことはありません。

楽な仕事ではないですが、他の職業に比べてとくにきついわけでもなく、やりがいがあって毎日充実しています。

僕がいた職場は日勤で8時間勤務で残業ほぼなし、年収330万で年間休日120日以上でした。

世之介
これできつい仕事なら世の大半の仕事はきつい仕事ですよ!
・・・ただ、実際にはブラックな職場もあります。

毎日サービス残業2時間で月の給料が15万・・・なんていう職場も多くあるんです。

「介護職=きつい仕事」というイメージは、ブラックな職場が実在しているからです。

 

介護の転職を成功させる3つの方法(ポイント)とホワイトな求人の探し方

では、ホワイトな職場に就職するにはどうすれば良いか。

ここからホワイトな職場に転職するためのコツ・ポイントの探し方を紹介していきます。

世之介
この知識があるかないかで介護転職が成功するか失敗するかが大きく分かれます。

【介護転職を成功させるコツ1】転職コンサルタントの力を借りる

未経験から介護職に転職するポイントでもっとも大事なのが、自分の力だけで転職しないこと。

自分の経験のない分野で転職活動をするのはとても危険です。

例えば、介護の転職サイトには転職コンサルタントといって転職のプロがいます。

その転職のプロがあなたの希望を聞いた上で、その希望にあった職場を紹介してくれます。

また、転職コンサルタントは、各施設の求人票には載らない裏の情報を持っていることが多いです。

メリット デメリット
介護の転職サイト ・転職コンサルタントの転職サポートしてくれる
・事前に施設の評判や雰囲気を知った上で勤めれる
・好条件の非公開求人が多い
・登録しないといけない手間がある(30秒〜1分)
ハローワークetc ・介護職以外の仕事も探せる ・虚実の求人が出回ってる
・求人票でしか職場の情報が知れない
・紹介者は介護職に詳しいわけではない

 

転職のプロに力を借りる、これこそが介護転職を成功させる一番の方法と言って良いでしょう。

 

【介護転職を成功させるコツ2】施設見学をする

介護転職を成功させるコツとして、施設見学がおすすめです。

たとえ介護の仕事が未経験でも、施設見学すれば職場の雰囲気というのは分かります。

僕自身、未経験の時に施設見学しましたが、そこで職場の雰囲気がなんとなく分かりました。
(職場見学の時に「良い雰囲気だな」と思ったけど、就職してみたらやっぱ良い職場でした!)

 

【介護転職を成功させるコツ3】在籍中から転職活動して無職期間を短くする

もし今あなたが仕事をしているなら、今のうちから転職活動を始めた方が良いです。

なぜなら、無職期間が長ければ長いほど就業に不利になっていくからです。

転職活動がつまずいて就業が長引いてしまう可能性もゼロではありません。

履歴書に空白の期間ができるだけ開かないよう、今のうちから転職活動を行っておきましょう。

 

未経験からの介護職の転職先・職種

介護の仕事にも幾つかの種類があり、何を優先するかによって働く場所や職種は異なってきます。

介護士としての主な職場は次の通りです。

介護士の主な職場
特別養護老人ホーム
介護老人保健施設
デイサービス
訪問介護

 

高収入を得たいなら特養・老健

家族がいて高収入が必要なら特別養護老人ホーム(以下 、特養)から介護老人保健施設(以下、老健)の2種類ですね。

どちらの施設にも夜勤があり、給料が高い傾向にあります。

特養の給料の平均が月給で23万、老健の給料の平均が22万と介護施設の中では高収入が得られます。
(介護職の平均月収20万前後)

また、先ほど紹介した通り介護の転職サイトを利用すればより高収入の施設に就職ができます。

 

土日休みが良いならデイサービス

給料はそこまで高くなくて良いから土日休みで働きたい!って人はデイサービスがおすすめ!

デイサービスは基本的に夜は営業してなく、日曜日も休みのところが多いです。

毎週土日休みは難しいですが、希望休や有給を使えば土日休みも難しくありません。

ただ、夜勤がない分給料は16〜19万ほどが相場ですね。

 

技術を学びたいなら特養・老健

特別養護老人ホーム(特養)から介護老人保健施設(老健)は重度のご利用者が他施設に比べて多いため、介護が必要な割合が多いです。

仕事面で体験だと感じるかもしれませんが、裏を返せば自分の技術を磨くチャンスでもあります。

介護職は様々な施設で働いて自分のキャリアアップに繋げる人が多いですが、

「楽な施設→大変な施設に転職」
よりも
「大変な施設→楽な施設」

の方が後々楽ですよね。
これは30代はもちろん、40〜50代の人にも言えることです。

自分のスキルを磨きたいなら特養か老健に勤めるのが良いでしょう。

 

主婦で時間の融通をきかせたいなら訪問介護(ヘルパー)

主婦で時間の融通をきかせたい場合は訪問介護(ヘルパー)がおすすめ。

訪問介護は利用者の自宅を数件回って生活のお手伝いをします。

空いた時間は買い物や自宅に帰って家事もできるため、時間の融通をきかせたい主婦にはおすすめですね。

ちなみに訪問介護の場合は派遣で働いたほうが時給が高い傾向にあります。

下記でおすすめの介護派遣会社をランキング形式で発表しているのでぜひご覧ください!

 

介護職未経験から転職後の理想的な流れ

人柄ややる気が重視される介護職。介護未経験者でも十分にキャリアアップができます。

例えば30代後半から介護士として転職した場合、次のようなステップアップができます。

介護士に転職後の理想的な流れ
35歳 未経験から介護職に転職

38歳 国家資格「介護福祉士」を取得

40歳 日頃の仕事が認めれ、現場のチーフに就任

43歳 介護職最高峰の資格「ケアマネージャー」取得

44歳 ケアマネージャーとして働くために他の施設に転職

47歳 介護施設の部長に就任

もちろん、やる気次第で40代、50代でもこのようなキャリアアップが可能です。

 

未経験で介護職に転職する成功方法とコツまとめ

この記事で何度も書きましたが、転職を成功させる一番の方法は転職サイトを利用することです。

介護転職サイトのメリットをまとめると以下の通りです。

介護転職サイトのメリット
・プロのコンサルタントからサポートが受けられる

・無料で資格が取れる

・高待遇の求人が多い

ちなみに転職サポートを受けながら無料で資格が取れるのが介護転職サイトランキングで1位の「スタッフサービス・メディカルはテレビCMでおなじみのスタッフサービス」です。

未経験でこれから介護職に転職するならぜひおすすめ!スタッフサービス・メディカルは50%以上の人が未経験からのスタートです。

下記で介護転職サイトランキングを発表しています。ぜひともご覧ください。

SPONSORED LINK

こちらの記事も読まれています!



シェアしていただけると嬉しいです!