【働き方革命】保育士派遣のメリット・デメリット|正社員・パートの違いと実際の現状はどうなの?

SPONSORED LINK

「保育士派遣って正社員やパートと何が違うの?」

そう疑問に思ってませんか?

そんな人にはっきり言います。

保育士派遣はかなりおすすめの働き方です!

派遣保育士という働き方が今、かなり増えてきているのが現状です。

これを読んだ頃には「保育士の派遣で働こう!」と思っているはず。

 

保育士派遣のメリット・デメリット総まとめ

保育士派遣として働くメリットはかなり多くあります。

メリットを並べると次の通り。

  • 時給が高い!1300円〜は当たり前
  • サービス残業がないから仕事とプライベートを分けられる
  • 時短・週1〜、扶養内と自由な働き方ができる
  • 実際に働きながら職場を選べる

 

それでは保育士派遣のメリットについて一つずつ解説していきます。

 

【保育士派遣のメリット1】時給が高い!

 派遣
保育士
パート
保育士
全業種
パート
 時給平均  1000円

1600円
 900円

1100円
 976円

保育士派遣の大きなメリットは「時給が高い」こと。

正社員・パート・派遣の中でもっとも時給が高い働き方が派遣です。

保育士は大変な仕事にも関わらず、他業種に比べて時給が低い傾向にあります。

パートで働く場合も、高くても1000円を超えるほど。

しかし、派遣で働く場合は高時給。
1200〜1600円の求人がかなり多くあります。

都心では2000円の求人もあるぐらい、保育士派遣は時給が高い傾向にあるのです。

時給が高くたくさんお金を稼げれば、普段の生活で美味しいものをたくさん食べれますし、贅沢だってできます。

家族がいる人は、大切な人たちを守ることもできますね。

ちなみに社会保険などの福利厚生は派遣会社が加入してくれるので不安になる必要はありません。

 

【保育士派遣のメリット2】サービス残業がない

サービス残業がないのも派遣ならではのメリット。

保育士は多くの職場で残業があります。
職場によっては毎日2〜3時間残業があることも珍しくないですよね。

残業した分給料が支払われればまだ良いのですが、サービス残業として扱われてしまうことがほとんどですよね。

ですが派遣の場合はサービス残業がありません。

派遣は正社員やパートと違って企業との契約ではありません。
あいだに派遣会社が入ってくれます。

なので本来は違法であるサービス残業はありません。

派遣保育士は仕事とプライベートを両立することができます。

 

サービス残業なし・残業手当がつく

稀なケースですが、時期によっては残業があることもあるかもしれません。

ですが、その場合も残業手当がつきます。
残業代は法律で25%割増と定められているので、時給1000円なら1250円になります。

このように残業代が高いので、残業することは少なく、あっても正社員ほど残業をすることはありません。

 

持ち帰りがない

ほとんどの保育士は家に仕事を持ち帰って書類作成などの仕事をした経験があるはずです。

家に帰ってまで仕事をしていては、身体も心も疲れ果ててしまいます。

しかし、派遣は持ち帰りがありません。

派遣はあくまで派遣会社との契約であり、職場以外での仕事は契約外だからです。

持ち帰りがないのも派遣という働き方の大きなメリットではないでしょうか。

 

【保育士派遣のメリット3】自由な働き方

保育士派遣は自分のライフスタイルにあった自由な働き方ができることもメリットです。

主婦でまだ子供が小さくてで家事育児を両立させたい人、保育士と両立して他の仕事も頑張りたい人、土日は友達や恋人と遊びたい人、
そんな人は自由な働き方ができる保育士派遣がおすすめです。

 

保育士派遣の働き方:子持ちに嬉しい時短(短時間勤務)

保育士派遣は時短(短時間勤務)での働き方もできます。

保育士派遣は正社員やパートと違い、企業と自分とのあいだに派遣会社が入ってくれます。

そのため、希望の労働条件を派遣会社が交渉してくれるのです。

子持ちで忙しい主婦や他の仕事を並行している人にとって時短で働けるのはありがたいですよね。

また、時短でも保育士派遣は時給が高いので、しっかり稼ぐことができます。

 

 

保育士派遣の働き方:土日休み

派遣会社が労働条件を交渉してくれるので、土日休みも可能です。

土曜日・日曜日は行事が多く、正社員の場合は出勤することが多いです。

しかし派遣保育士で就業前に派遣会社に伝えておけば、土日休みでの勤務が可能となります。

土日休みで働ければ、子供の行事や友人たちとの休日を楽しむことができますね。

 

保育士派遣の働き方:週1〜週3などの働き方が可能

週1〜週3といった決まった勤務日数で働けるのも、保育士派遣ならではの働き方です。

自分の今の生活にあった働き方ができるのは嬉しいですよね。

 

扶養内で働ける

週1〜週3で働ければ、扶養内で働くことが可能です。

あまり稼ぎたくない、でも保育士の仕事がしたい、という人にはおすすめですね。

 

副業・掛け持ちもできる

保育士以外に他の仕事をしたい人も決まった勤務日数で働けるのは大きなメリットです。

保育士の仕事と並行して副業・掛け持ちの仕事もできますね。

【保育士派遣のメリット4】紹介予定派遣で職場を選びながら正社員になれる

保育士が派遣で働くメリットに「紹介予定派遣で職場を選びながら正社員を目指せる」ことが挙げられます。

紹介予定派遣とは、派遣期間終了後(最長6か月)にお互いに合意すれば正社員として雇用される働き方です。

紹介予定派遣のメリットは「職場を見極めれる」こと。

残業が多く人間関係が悪い職場に就職してしまったら「こんなはずじゃなかった!」と思ってしまいますよね。

しかし、紹介予定派遣はそういった求人票ではわからない部分を見た上で、そこで働くかどうかを決めることができます。

人間関係で悩みたくない人にとっては特におすすめの働き方と言えるでしょう。

 

保育士派遣のメリットから叶うこと

保育士派遣のメリットをまとめると次の通りです。

  • 時給が高い!1300円〜は当たり前
  • サービス残業がないから仕事とプライベートを分けられる
  • 時短・週1〜、扶養内と自由な働き方ができる
  • 実際に働きながら職場を選べる

 

保育士派遣なら短時間・高時給で稼げるので、効率よくお金を稼げます。

さらにサービス残業がなく、家に帰ってからの持ち帰り業務がありません。

なので仕事をしながらも余裕を持った生活を送ることができます。

時短や週1〜など、自由な働き方ができるのも保育士派遣のメリットですね。

「自由」を手に入れれるのが保育士派遣の最大のメリットと言えるでしょう。

 

保育士派遣のデメリット

メリットがあるということは当然デメリットもあります。

保育士派遣のデメリットは次の通りです。

  • ボーナスがない
  • 人間関係が大変?
  • 担任をもたせてもらえない
  • 3年の雇用期間がある

 

【保育士派遣のデメリット1】ボーナスがない

保育士派遣のデメリットはボーナスがないこと。

正社員と違い直接雇用ではないのでボーナスがありません。

・・・ただ、正社員の方が年収が高いかというと・・・そんなことはありません。

保育士派遣は時給が高く、正社員でもボーナスがもらえない職場も珍しくありません。

場合によっては派遣保育士の方が高い年収を稼ぐこともあります。

ちなみに保育士派遣にはサービス残業がないので、時間給にすれば圧倒的に保育士派遣の方が効率よく稼げるでしょう。

 

【保育士派遣のデメリット】人間関係の扱いは大変?

保育士派遣の働き方を考えている人にとって「人間関係」は不安要素の一つだと思います。

「派遣だとひどい扱いをされないかな?」と不安になる人も多いでしょう。

たしかに正社員と比べると時には壁を感じることもあるかもしれません。
しかし派遣社員がいなければ職場が回らないことを職員はわかっており、いじめなどの扱いを受けることはほぼありません。

もちろん人間性に問題があれば別です。
ですがその場合は派遣に限らずパートや正社員も同じです。

問題なく職場や子供のためにしっかり働いていれば、人間関係で悩むことはないでしょう。

 

【保育士派遣のデメリット】担任を持つことが少ない

担任を持つことが少ないのも派遣保育士のデメリットです。

担任は基本的に正社員が持ちます。

担任として責任を持って子供たちを見たいという人には、派遣は物足りない働き方かもしれません。

逆に派遣で気楽に保育士を続けていきたいという人には、派遣はちょうど良い働き方かもしれません。

 

【保育士派遣のデメリット】3年の雇用期間がある

 

派遣の場合は3年の雇用期間があります。

なので同じ職場に3年を過ぎた場合は他の職場に移らなければいけません。

同じ職場で長く勤めたい人にとってはデメリットですね。

・・・ただ、正社員であっても3年以内に職場を変える保育士はかなりいます。

気に入った職場があれば、紹介予定派遣制度を利用することにより正社員にもなれるので、デメリットと思う必要はないかもしれません。

 

正社員(直接雇用)・パートと派遣の違い

正社員とパート、派遣の3つの働き方の違いを比較すると次のようになります。

メリット  デメリット
 派遣 高時給
サービス残業なし
時短・週1〜が可能
紹介予定派遣が利用できる
持ち帰りなし
ボーナスなし
担任を持てない
雇用期間がある
 正社員 雇用が安定している
ボーナスが出る
サービス残業あり
持ち帰りあり
責任が重い
 パート 雇用期間の縛りなし サービス残業あり
持ち帰りあり

正社員はとにかく仕事量がかなり多く、給料も低いです。

ボーナスはありますが、その分サービス残業が多いので時給換算すればかなり低くなります。

また、パートの場合は時給が低いにも関わらずサービス残業があったり持ち帰りがあることも・・・。

 

こうして比較してみると、派遣保育士が今とても増えている現状が分かりますね。

 

派遣で働いた人の実情の感想

仕事と子育てを両立!

子育てが落ち着き、保育士として復帰したいと考えていたのですが、悩みは勤務時間でした。

子供の送り迎えをするために短時間勤務を希望していたのですが、なかなか希望に合った求人がなくて…。

そんな時に派遣会社に紹介してもらったお仕事は、勤務時間も場所も希望にピッタリ!仕事と子育てを両立できるので、派遣保育士という働き方は私に合っています。

引用:https://hoikubatake.jp/service/haken/

▲派遣で理想の働き方に出会えたそうですね。

仕事と家事育児を両立できるのは本当に良いこと。
主婦はパートや正社員よりも断然派遣がおすすめです。

 

紹介予定派遣で自分にあった職場に出会えた!

以前働いていた保育園は残業が多く、人間関係にも気を遣うため心身ともにヘトヘトに…。

「次は、保育園の雰囲気や仕事内容をしっかりわかった上で長く働きたい」と考え、紹介予定派遣で働き始めました。

今の保育園は雰囲気も保育観も合っていたので、正社員登用が決まった時は本当にうれしかったです!転職に失敗したくない人には紹介予定派遣がオススメです♪

引用:https://hoikubatake.jp/service/haken/

▲紹介予定派遣の一番のメリットは、自分にあった職場をじっくり探せること。

求人票では分からない人間関係や残業状況などが分かるので、慎重に職場を選ぶことができます。

 

【まとめ】保育士派遣のメリット・デメリット|正社員・パートの違いと実際の現状

保育士派遣のメリット・デメリットをまとめると次の通りです!

 

派遣保育士のメリット

  • 時給が高い!1300円〜は当たり前
  • サービス残業がないから仕事とプライベートを分けられる
  • 時短・週1〜、扶養内と自由な働き方ができる
  • 実際に働きながら職場を選べる

 

保育士派遣のデメリット

  • ボーナスがない
  • 人間関係が大変?
  • 担任をもたせてもらえない
  • 3年の雇用期間がある

 

 

保育士派遣はデメリットもありますが、それよりもメリットがはるかに多いです。

これが今派遣保育士がどんどん増えている理由なのです。

人気の求人は早めになくなるので少しでも気になるようなら、今のうちに登録しておくことをおすすめします。

下記でおすすめの保育士派遣会社を紹介しているのでぜひご覧ください!

大手派遣会社なら高時給・短時間で理想の働き方が叶いますよ!

SPONSORED LINK

こちらの記事も読まれています!



シェアしていただけると嬉しいです!