【誰でもできる】複業の始め方とおすすめの働き方をブログで解説|メリットだらけ!

SPONSORED LINK

こんにちは!
4つの収入源を持つ複業家のよのすけです!

今かなり注目されている働き方「複業」

複業をすることでスキルアップすることができ、自分自身の可能性を大幅に広げられます。

・・・しかし、複業という働き方はまだまだ日本では広がっていません。

そのため、複業という働き方を叶えるのはまだまだ難しい状況です。

しかし、複業を叶える方法はかくじつにあります。

しかも複業の枠を超えてフリーランスとして独立することも可能。

この記事では複業家の僕が「複業の始め方」について徹底的に解説していきます。

 

複業とは?副業との違いは?

複数の本業を持つこと。副業のような片手間仕事としてではなく、生業として別の業種を二つ以上兼務すること。

引用:コトバンク

「複業」と「副業」の大きな違いは、それが本業であるかどうか?という点。

例をあげると、

・副業→会社に秘密でこっそりネットで月数千円〜数万円稼ぐ
・複業→どちらの仕事も本業として堂々と働く

これが複業と副業の違いですね。

日本国内には「複業」を推奨している企業があります。

複業を導入・推奨している企業一覧

  • エンファクトリー(IT企業)
  • サイボウズ(IT企業)
  • JAM(コンサルティング会社)
この中でもエンファクトリーに関しては「専業禁止」という理念を上げています。

エンファクトリーで複業をしている山崎さん

パグやフレンチブルドッグなどの短鼻の犬種に的を絞った犬用の手作りグッズ・洋服のインターネット販売をしています。

グッズの製作を妻、販売サイトの製作や顧客対応を私、そして販売商品の撮影モデルを愛犬のパグの次郎が担当と、家族全員で企画・販売をしています。

引用:エンファクトリー

 

「専業禁止」を挙げているエンファクトリーでは複業をすることでスタッフ自身に生きる力が身につくと考えています。

日本にある多くの企業は従業員を「労働者」としか見てない場合がほとんど。

それとは対照的にエンファクトリーは従業員を「1人の人間」として見ている印象があります。

こんな企業で働けたら人として成長するだろうし、何より楽しいですよね。

 

複業OKの会社で働くのははっきり言って難しい

・・・ただ、複業を認めている企業は現実はほとんどありません。

複業OKの企業を調べたところ、複業OKを公表している企業の9割以上は東京にあり、しかもヤフーやリクルートといった超大企業やベンチャー企業ばかり。

地方に複業OKな会社はほとんどなし、都内であってもそのような企業に入社するには難関。ぼくは無理

 

いくら「複業」という働き方が注目されてるからといって、まだまだ常識になったとは到底言えません。

その証拠に「副業」を認めてる企業は国内でたったの3.8%だそう。うーん、少ない。

 

誰でもできる複業の始め方

・・・でも、誰でも複業という働き方を実現する方法があります。

それは自らがネットで稼ぐことで複業という働き方を実現すること。

よのすけ
自分でパソコンで稼げるようになれば、わざわざ複業OKの企業に入社しなくても複業で生きてけるんです。

この方法なら複業OKの企業に入らずともできます。
僕のようにハイスペックな人間じゃなくても叶えられる。

ちなみに現在複業家として活動している僕の収益はこんな感じ

各複業の収入一覧

  • ブログ・・・18〜30万
  • アフィリエイトサイト・・・15〜120万
  • 自動売買FX・・・+38万(含み損あり)
  • 福祉スタッフ・・・3〜5万
    (2019年からさらに2つ収入源を増やす予定)
こうしてみると収入に波がありますね。
自営業なので収入は安定してませんが、複数の収入源がある分稼げなくなるリスクは低いです。

 

ちなみに以外かもしれませんが、ネット業でフリーランスとして活動してる人ってほんとうに多いんですよ。

クラウドソーシングサービスを運営するランサーズの調査によると、フリーランスは日本の人口のおよそ17%に及びます。

本調査では、日本における副業・兼業を含む業務委託で仕事をする広義のフリーランスの経済規模が初の推計20兆円を超える結果がでました。

フリーランス人口においては、前年と横ばいで1,119万人、人口に占める割合は17%となりました。

引用:https://www.lancers.co.jp/news/pr/14679/

 

仮に会社を辞めてフリーランスにならなくても今の仕事の他にもう一つ収入源があれば、人生の選択肢はかなり広がると思いませんか?

 

 

複業のハードルは高くない!

「これだけは知ってほしい」って思うのが、

ネットで稼ぐのは決して難しくないということ。

ツイッターとか見てれば分かりますがネットでお金を稼いでる人ってほんとうに多いんですよ。

パッと検索しただけでもたくさん出てくる。

 

ちなみに複業という働き方を目指すのに必要なのは、パソコン一台とネット環境、これだけ。

飲食や他の事業に比べて多額な資金を用意することはなく、必要なのはパソコン代とネット通信料のみ。

これだけリスクなしで起業できるのってネット業ぐらいですよ。

だから挑戦して損はないんです。

 

複業を挑戦するべき2つのメリット

複業を身につけれればフリーランスにもなれる

副業っていうとポイントサイトとかでちまちまやるイメージだけど、本気で取り組めばマジで稼げるんですよ。

そして「副業」が「複業」になり、そのまま会社を辞めて独立する人がほんとうに多くいます。

会社からもらってる給料の他に収入源があれば「いつでも会社を辞められる」と楽な気持ちで働けます。

 

複業を生かして転職ができる

複業のスキルを高めればその分野で転職も可能になります。

ライターやWEB系のプロデゥーサーなど、複業を始める前までは考えられなかった仕事に就けることも多いです。

もし昔から憧れていた夢があるなら、ネットを使って挑戦してみるのも良いですね。

 

おすすめの複業はブログ

「複業に挑戦してみたいけど、どうやって稼げばいいか分からない」

そう思う人に一番おすすめしたいのが「ブログ」。

ぼくがブログをやってるからってのもありますが、ブログの可能性はほんとうにすごいんですよ。

 

ブログは稼げる

まずシンプルにブログは稼げます。

稼げるまでに時間はかかりますが、稼げるようになってからの収入アップは早いです。

ぼくの場合は稼ぐことに力を入れてから1万稼ぐのに数ヶ月かかりましたが、
その後1年ぐらいで30万稼げるようになりました。

ブログはグーグルの検索から集客をするので有名人でなくてもアクセスを増やすことができます。

アクセスを増やしたらその記事にあった商品やサービスを紹介し、成約すれば報酬を受け取ることができます。

 

ブログを複業にすれば「自分の好き」を仕事にできる

稼げる理由の他に、自分の好きを簡単に仕事にすることができるのもブログのメリット。

例えば「日本酒」が好きだったとします。

日本酒についてのブログを書いてるうちにライターとして誘われたり、「報酬を出すからうちの日本酒を紹介してくれ」ってことがかなり多くあります。

これはあくまで一例ですが、自分の好きをブログで発信していくうちに、それが仕事になっていくんです。

ちなみにぼくもブログ書いてたらテレビ番組から2回出演のお声をいただきました。

僕はその程度ですが、すごい人は本なんかも出版してます。

ブログって本当に可能性のある複業なんですよ。

 

ブログ×〇〇で収入が倍増する

他の複業とブログを掛け合わせることで収入が爆発的に増えることもあります。

例えば、
複業で投資をしながら、自分が使っている投資の商品をブログで紹介して月収1000万稼いだ人がいました。

ぼくも来年から本格的にFXに挑戦するわけですが、そうなればFXの商品(例えば口座開設)を紹介できるようになるわけです。
(1件の成約で報酬1万以上)

そうなればFXの収入に加えてブログ収入もアップしますよね。

英語が得意なら、英語についての勉強法を紹介しながら教材を販売しても良いし、読書が好きならおすすめの本を紹介しながら、読んだ本を売っても良いですよね。

この通り、ブログは他の複業との掛け算ができるんです。

 

複業を目指すならまずはブログを!

複業をする上でブログはほんとうにメリットが大きいです。

ブログで興味のあることを発信していれば、ブログから仕事をもらえることが実際にあるんです。

しかも単純に稼げるわけだから一石二鳥ですよね。

ブログをやらない理由はないと言っても過言じゃないですよ。

最後に一つ、大事なのは「行動」です。

この記事を読んで行動するのは10%もいないと思います。

ただ、ここまで読んでいただけたということは、本気で複業に挑戦しようとしてるはず。

やる気がある今、ぜひブログを初めてみてください!世界が変わりますよ!

SPONSORED LINK

こちらの記事も読まれています!



シェアしていただけると嬉しいです!