【最短】高卒が介護福祉士になるには|働きながらなる方法を徹底解説

SPONSORED LINK

「今は違う業種だけど、いずれ介護職に就いて介護福祉士を取得したい!」

これから介護職に就く人が目指すであろう資格「介護福祉士」。

介護福祉士は専門学校などの育成機関に通わずとも取得できる資格です。

今はまだ介護士として働いてないけど、これから介護福祉士を目指したい人に向けて「最短で介護福祉士になる方法」を徹底解説していきます!

世之介
介護職に興味のある人は必見です!
 

最短で介護福祉士になるには「実務経験ルート」がおすすめ

引用:https://www.minnanokaigo.com/news/kaigogaku/no241/

 

介護福祉士になるには全部で4つのルートがあります。

介護福祉士になるルート

①実務経験ルート→実務経験3年+実務者研修の受講+試験の合格(最短3年)

②養成施設ルート→(専門学校)福祉系の専門学校などに通学+試験の合格(最短2年)

③経済連携協定ルート(EPAルート)→海外労働者の方のためのルート

④福祉系高校ルート→中学生を対象にした高校に進学

 

③と④は海外の方や中学生を対象としたルートなので、実質は①の実務経験ルートと②の養成施設ルートの2つになります。

 

2つのルートのメリット・デメリットを比較すると次の通りですね。

 ルート メリット デメリット
実務経験ルート
(3年で取得)
・働きながら取得ができる
・お金がかからない
・実務経験を積める
・養成施設に比べて1年長くかかる
(最短3年)
養成施設ルート
(2年で取得)
・最短2年で取得ができる
・専門的な知識が得られる
・専門学校の学費が相場400万

それでは各ルートを具体的にご紹介いたします。

 

①実務経験ルート(最短3年)


実務経験ルートで介護福祉士になるには3年の実務経験+実務者研修の修了+筆記試験の合格が必要です。

試験に一回で合格すれば最短3年で取得が可能です。

このルートの一番のメリットは専門学校に通わなくても誰でも取得できるということ。

専門学校に通う場合、数百万のお金を払い2年もの時間を費やさなければいけません。

ですが「実務経験ルート」なら専門学校に通わずとも、3年働いて実務者研修を修了すれば介護福祉士試験を受験する資格が与えられます!

働きながら介護福祉士を目指せるので、お金を稼ぎながら介護福祉士を目指すことができます!

 

補足① 実務経験に必要は勤務日数は「540日」

実務経験で必要なのは「3年」かつ「勤務日数540日」が必要となります。

なので週1〜3のパートだけでは3年以上かかってしまう計算になります。

週4以上の場合は3年働けば540日以上の勤務日数に達する計算になります。

 

補足② 介護福祉士に必要な資格「実務者研修」とは?

「実務者研修」は介護職についてより深い知識や技術を身につけるための講習です。

受講資格はなく誰でも受講ができます。

 

②養成施設ルート(最短2年)

養成施設ルートで介護福祉士になるには2年の通学+筆記試験の合格となります。

もっとも最短で介護福祉士を取得できるのは「養成施設ルート」いわゆる専門学校ですね。

この養成施設ルートなら試験に一回で合格すれば最短2年で介護福祉士になることができます。

・・・ただ、その分リスクもあります。

それは2年間かけて学校に通わなければいけないこと。

万が一介護の仕事をしてみて自分に合ってなかったらどうでしょう?

「せっかく2年かかって取得したのに・・・」と後悔してしまいますよね。

また、以前は専門学校に通えば筆記試験を受けなくても良かったのですが、今では実務経験ルート同様に試験の合格が条件となっています。

 

学生や社会人で働きながら介護福祉士になるには「実務経験ルート」がおすすめ

あなたが社会人の場合は実務経験ルートがおすすめ。

専門学校などの養成施設ルートと違って学校に通う必要がなく、働きながら取得を目指せるので、生活を維持したまま取得が可能です。

期間こそ2年で取得できる養成施設ルートが最短ですが、その分お金と時間がかかってしまいます。

一方、実務経験ルートの場合は3年働いてその間に実務者研修を受講すればOK。なにも難しくありません。

ちなみに介護福祉士試験の合格率は例年60%ほど。合格しようと思えば誰でもできるレベルの試験です。

 

介護福祉士になる難易度は?

介護福祉士になる難易度が決して高くはありません。

試験の合格率は平均50〜60%程度ですが、僕がいた職場では「勉強しなくても合格した」という人がほとんどでした。

なぜなら普段の仕事が試験勉強になっているからです。

心配な人は試験数ヶ月前から勉強した方が良いかもしれませんが、想像しているよりも難しくないことは間違いありません。

・・・ただ、一つ重要なのは職場の選び方です。

実務経験を3年積むためには当然ですが辞めないことが大事。

長く働ける職場に務めるためにも介護に特化した転職サイトを利用しましょう!

 

介護福祉士になるには金額はいくらかかる?

介護福祉士になるまでにかかる金額はルートによって変わります。

専門学校などの「養成施設ルート」に通う場合は学費だけで400万前後の金額がかかってしまいます。

一方、実務経験ルートの場合は実務者研修にかかる費用(相場16万)と介護福祉士試験の受験料(約15,000円)ほどなので大してかかりません。

しかも実務者研修はスタッフサービス・メディカルを利用して転職するだけで無料で取得ができます。

注目!

スタッフサービス・メディカルは介護職に特化した転職サイトです。サービス利用者の55%はなんと未経験からのスタート。
人気の秘密は未経験OKで高待遇の求人を紹介してもらえ、なおかつ資格支援制度で資格取得にかかる費用を全額負担してくれるところです。

ちなみに資格支援制度はいつ終わるかわかりません。少しでも興味があるなら今のうちに登録しておくことをおすすめします。

→スタッフサービスメディカルで介護士に転職して資格視線制度を利用する

 

介護福祉士になるメリットは?

介護福祉士になると々なメリットがあります。メリットは以下の通り。

  1. 介護福祉士になれば給料が上がる
  2. 介護福祉士になれば高待遇の施設で働ける
  3. 介護福祉士になればキャリアアップができる
一つずつ解説していきます。

 

①介護福祉士になると給料が上がる

介護福祉士になると資格手当がもらえます。

資格手当はその職場によって違いますが、平均で1万600円。

多いところでは1.5〜2万もの資格手当がでます。

 

②介護福祉士になれば高待遇の施設で働ける

介護福祉士になれば待遇の良い施設に就職することができます。

一般的に給料が低いと言われる介護職ですが、待遇の良い施設に就職できれば年収400万以上も手が届きます。

 

③介護福祉士になればキャリアアップが目指せる

介護福祉士になれば役職がつきやすくなります。

役職がついてどんどん上の立場に上がれば、給料が上がることはもちろん、やりがいのある仕事も任されてきます。

トップクラスの介護士を目指したければ介護福祉士を取得するのは必須です。

 

社会人で働きながら最短で介護福祉士になるには実務経験ルートがオススメ!

社会人から働きながら介護福祉士を目指す方法は以下の2パターンです。

社会人で働きながら介護福祉士になる方法

①実務経験ルート 実務経験3年+実務者研修の受講+試験の合格(最短3年)

②養成施設ルート 福祉系の専門学校などに通学+試験の合格(最短2年)

介護福祉士に最短でなるには「実務経験ルート」がオススメです!

養成育成ルートは正直言ってあまりメリットはありません。

れよりも実際の現場で経験を積んだ方がお金もたまるし経験も詰めるので10倍良いです。

実務経験ルートは3年の実務経験+実務者研修の修了で筆記試験を受けることができますよ。

 

ちなみに介護福祉士になるには実務者研修を受講しないといけませんが16万円もの費用がかかります。

しかし介護転職サイト「スタッフサービス・メディカル」を利用すれば職場を転職サポートを受けられながら資格にかかる費用を全額負担してくれます。

資格支援制度はいつ終わるかわからないので今のうちに利用しておくことをおすすめします。

SPONSORED LINK

こちらの記事も読まれています!



シェアしていただけると嬉しいです!

1 個のコメント

  • リア充きたあああああああ!!!
    取り乱しました。
    ところでPC-Firefoxでの閲覧なんですが、コメントが一個でも付くと、もうコメントボタンが押せなくなってしまいます。
    ボタンの領域がズレてしまうのかなと思いますが、再現性あるでしょうか?