節約でストレスを溜める主婦の共通点と楽にできる節約術【節約生活の我慢に疲れたら必見】

SPONSORED LINK

「毎日節約のことばかり考えてもう疲れた。もう我慢の限界」

旦那の少ない給料で必死にやりくりしている主婦の方、本当にお疲れ様です。

お金のかからない食事メニューを考えて、お皿洗いの水の量も抑えて、家計簿をつける

・・・それなのに旦那は無駄使いしたり小さなことで愚痴を言われたりすると、

「もうやってられんわ」
と思うのも無理はありません。

節約でストレスを溜めてしまう主婦にはある共通点があります。

ひょっとして・・・あなたも食費の節約でストレスを溜め過ぎていませんか?

 

SPONSORED LINK

 

ストレスが溜まる節約は絶対NG!反動や続かないなどの原因に

節約をする上でストレスを溜めないことはかなり大事。

無理な節約でストレスを溜めてしまうことで次のような状況が起こってしまいます。

  • ストレスの反動で余計に使ってしまう
  • 節約が続かない
  • 精神的に病んでしまう

 

節約ストレスの反動で余計に無駄使いが増える

節約によってストレスを抱えてしまうと、多くの人は反動で余計に無駄使いしてしまいます。

僕も以前、極限に節約生活をしてたんですが、ストレスの反動で衝動買いがかなり増えた経験があります。
(休みの日にお菓子を買いまくるとか)

今は反動がなくても、いずれ反動で出費が増えてしまうのは目に見えてます。

 

節約が続かない

無理な節約は単純に続きません。

ストレスを抱えていると、そのうち嫌になって続かないのが人間です。

僕も食費1日300円生活に挑戦したことがありますが、1か月が限界でした笑

・・・でも、続かないだけならいいんですよ。

続かないということは、まだ生活はできてるわけだから。

家計の状況でどうしても節約しなければいけない人は、無理にでも続けなければいけません。

そしてその結果、節約のストレスによって病んでしまうこともあります。

 

節約ストレスで病んでしまう

節約のストレスでもっとも怖いのが精神的に病んでしまうこと。

「何のために生きてんだろう」
「こんな人生さっさと終わらせたい」

・・・とか思い始めたらやばいですね。

その場合は一刻も早く無理な節約を辞めるべきです。

 

固定費の節約こそ楽にできる節約術

・・・ではストレスを溜めなくても節約するにはどうすればいいか?

答えは固定費を節約することです。

固定費の例

光熱費や食費といった変動費は、自分の努力次第でコントロールできる反面、ストレスを感じやすいです。

しかもいくら努力しても節約効果ははっきり言って薄い。
月数百円程度しか節約できないですよね。

「今週食費にもう2000円使ったから、週末まで抑えないとなぁ」

「お湯使ってお皿洗いたいけど、ガス代かかるから我慢して水で洗わないと」

こんな節約してたら誰だってストレス感じますよ。

でも、スマホ代やインターネット代などの固定費をあらかじめ低くしておけば、毎日節約について考える必要はなくなります。

 

楽な節約術1 スマホ代を節約する

固定費の中で一番節約しやすいのがスマホ代。

節約できてない人のほとんどは大手3キャリアのスマホを使ってます。

大手3キャリアってどんなに安くても6000円はしますよね。マジで論外。

スマホ代にそんなにお金払ってたら貯金できなくて当たり前なんです。

スマホキャリアでおすすめなのは「UQモバイル」。

UQモバイルは月々1980円から利用ができます。

僕も以前はauのスマホを使ってて月1万以上払ってましたが、
格安キャリアにしてから2000円台で済むようになりました。

その結果、年間で約10万も節約できたんです。

ちなみに今では僕ら夫婦2人とも格安キャリア。

2人合わせて5000円ぐらいで済んでますよ。

 

楽な節約術2 インターネット代を節約

スマホの他にもう一つ節約しやすい固定費が「インターネット代」。

例えばフレッツ光を使っている場合、4000〜6000円します。
人によってはもっと払ってる人もいるかもしれません。

でもBroadWiMAXのポケットWifiなら月2726円で済みます。
(ネット無制限でも使い放題でも3411円)

しかもポケットWifiは有線で繋ぐタイプと違って無線で繋げられ、スマホにもネットを接続することができます。
つまりパソコンはもちろん、スマホでもネットが使い放題。

スマホのネット通信料が多いプランを使ってる人は、スマホ代も同時に安くできます。

インターネット料金に4000円以上支払ってる人も、ポケットWifiに切り替えるべきですね。

工事不要で届いたその日から使用できるのでおすすめですよ。

 

節約でストレスを溜める主婦の5つの特徴

節約でストレスを溜めている主婦はやはり・・・

節約効果が薄いのに労力ばかりかかる部分

ばかりに力を注いでます。

あなたも以下のような節約を行っているなら、今すぐ辞めるべき。

典型的なパターンはこの5つですね。

SPONSORED LINK

 

水道代・光熱費の節約ばかりする

水道代や光熱費はどれだけ頑張ってもなかなか節約できません。

少量の水で時間をかけながらお皿を洗ったり、毎回コンセントを抜いて待機電力を節約しようとする。

効果が全くないとは言いませんが、気にしすぎるとストレスを溜めてしまいます。

 

食費の節約でスーパーをはしごする

「お肉はマックスバリュで、野菜は近所の八百屋さんで・・・」

とかって食費の節約でスーパーではしごするのもストレスですね。

スーパー同士が近いならまだしも、わりと離れてるのにはしごするのは疲れます。

スーパーのはしごのために数十分を使ってしまったら、あなたがゆっくり家でリラックスする時間もなくなります。

そうなると余計にストレスがたまるのも仕方ありません。

 

節約料理のメニューばかり考えて疲れた

食費を節約しようとすると、使える食材や料理はかなり限られてしまいます。

スーパーで買い物をするときも常に頭の中で食費を計算して、主菜から副菜までどうにかメニューを考えて。

しかも安い食費で晩御飯を作っても、ご飯を食べる旦那は、料理に対して何も言ってくれない。

「私なんのために節約頑張ってるんだろう」

と思って悲しくなってしまいます。

 

節約と子育てを両立させている主婦

一番危ないのが節約と子育てを両立している主婦です。

子育てだけでも大変なのに、お金のことも考えないといけない。

いくら自分の子供とはいえ、自分が余裕すらないのに面倒を見るのは大変すぎます。

それでいて旦那さんの協力が得られないなら、奥さんは確実に精神を病みますよ。

 

節約ばかり考える人生はつまらないから今すぐ辞めるべき

「今月の食費、あと3000円しか使えない」
「貯金したいけど削れる部分がない。どうにかならないかなぁ・・・」

って思いながら生活するのはしんどいですよね。

日々節約のことばかり考えてると「自分はお金のために生きてるのか?」と悲しくなってしまいます。

たった一度きりの人生、お金のためだけになんて生きたくないですよね。

そのためにも節約できるとこで確実に節約するべき。

最低でもスマホ料金は何が何でも削るべき。

僕もスマホをauから格安キャリアに変えただけで月8000円、年間で10万の節約になりました。

だからこそ、節約にストレスを感じてるなら、なにがなんでも削るべきですよ。

SPONSORED LINK

こちらの記事も読まれています!



シェアしていただけると嬉しいです!