【保存版】Webライターの始め方と副業収入|初心者から独立するまでの道のり

SPONSORED LINK

どうも!
専業でWebライターとして活動していたよのすけです!

Webライターというと一部の人にしかできないイメージがありますが、そんなことはありません。

月5万程度の収入なら誰でも目指すことができるんです!

しかも本気でやれば独立だって不可能ではありません。

この記事で、

  • 全くの初心者からWebライターで月5万稼ぐための方法
  • Webライターとして独立する方法
この2つについて徹底解説していきます!

 

Webライターの副業は初心者でも始められる

Webライターで副業をする際に、まず知っておくべきことはこの2つ。

  • 「Webライターは誰でもなれる」
  • 「月20万ぐらいのレベルなら文才は関係ない」

です。

 

Webライターは誰でもなれる


Webライティングのお仕事はクラウドソーシングを使えば簡単に誰でもできるようになります。

クラウドソーシングとは?

ネット上で仕事を依頼したい人と受注したい人をマッチングさせるサービス。

クラウドワークス」ではライティングの仕事が多くあります。

 

クラウドソーシングでライティングの仕事をすることにより、Webライターとして副業収入を得られるようになります。

 

Webライターにおすすめのクラウドソーシング

クラウドソーシングサービスの中で、Webライターとして仕事を受注したいならこの3つがおすすめです。

どれにすれば良いか迷ってるならクラウドワークスを選んでおけばOKです。

補足:プログラミングなら1件5〜10万

プログラミング案件はライティング案件の何倍も単価が高く、クラウドソーシング上で1件5〜10万で受注できます。

関連記事:初心者から在宅でプログラミング副業する方法まとめ

 

月20万までなら文才は必要ない

Webライターというと文才がないとなれないイメージが強いですが、そんなことはありません。

僕自身、学生の頃は国語の成績が2でしたが、Webライターで専業として20万以上稼いでいました。

副業で5〜10万稼ぐ学生や主婦も本当に多いです。

文才よりも必要なのは、

  • 発注者との信頼関係
  • 読み手に分かりやすい説明
  • アピール力
これらの方がよっぽど大事です。

この3つができれば誰でも記事単価の高い仕事を請け負うことができます。

だから「自分でもWebライターとして稼げる」ということを信じて取り組みましょう。

 

Webライターで稼げる収入!月5万は誰でも稼げる!

Webライティングで副業をする場合、5万の収入は何も難しくありません。

あくまで参考ですが、僕の場合はブログをやってたこともあって初月から10万以上稼げました。
(ただ、その時は1日10時間、週5〜6は取り組んでましたね。)

僕の場合は専業だったので初月からこれほど稼げましたが、

1文字あたりの単価が高ければ、専業でなくても少ない時間でこれぐらい稼ぐことはできます。

 

Webライターの収入は文字単価で決まる

ライターの収入は文字単価に直結します。

例えば文字単価が4倍違えば、とうぜん稼げる額も4倍変わってきます。

・0.2円×1000文字=200円
・0.8円×1000文字=800円

文字単価が低くても数をこなせばある程度は稼げますが、その方法だと体力的にも精神的にもきつく、長くは続きません。

ではどうやって文字単価を上げていくか?

文字単価をあげる方法は主に2つあります。

  • 専門性を身につける
  • 発注者との信頼関係を築く

専門性を身につける

クラウドソーシング上では、誰でも書ける案件ほど単価は安く、逆に専門性の必要な記事ほど単価は高い傾向にあります。

誰でも書ける簡単な記事作成  0.2〜0.5円
特技や趣味・職業に関する記事  0.6〜1.0円
 専門分野の記事  1.0円〜

 

↓誰でも書けそうな記事

 

↓専門分野の記事

 

「自分には専門的なことは書けない」

そう思うかもしれませんが、Webライティングの多くはネットで調べれば誰でも書けるものばかり。
(例えば薄毛に悩んでなくても育毛剤についての記事は書けます)

なのである程度、分野を絞って記事を書いていくことで、自然と専門性を身につけられるようになります。

そうすればより高い案件をこなせるようになります。

 

クライアント(発注者)との信頼関係を築く

同じ発注者から仕事を受けることで信頼関係を築けるようになります。

そうすることで単価の交渉も可能になっていきます。

ちなみに僕が実際に交渉した時は0.8→1円になりました。
(最終的には1.5円まで上がった)

またクライアント側から「次の記事から単価をあげます」と言ってくれることも。

同じクライアントと継続的に仕事をすることで、こういったメリットがあります。

 

Webライターで月5万の副業収入を稼ぐに2つのステップ

「Webライターになりたい!」と言っても、行動しなければ何も始まりません。

Webライターになるのは超簡単。

クラウドソーシングに登録するだけ。

これで誰でもライティングの仕事を受注できるようになります。

大事なのはここからですね

 

まずは「Webライター」の仕事に慣れる

Webライターとしての第一歩は仕事に慣れること。

ここでは稼ぐことは一旦横に置いといて、とにかく数をこなしてください。

数をこなしていくことでこれらのメリットがあります。

  • クラウドソーシングサービスの使い方が分かる
  • 執筆スピードが上がる
  • 実績が積み上がる

ようはWebライターに慣れるということです。

・・・ちなみに最初は実績がないので、とうぜん単価の安い案件しかできません。

なので8割ぐらいの人はここで脱落します。

もう一度言います。

最初は稼ぐことは考えずに、Webライターに慣れることに重点をおいてください。

 

ある程度案件をこなしたら単価の高い仕事に挑戦する

数をこなすのと比例して、自分の実績も積み上がっていきます。

そうすることで単価の高い案件に応募しても採用されやすくなります。

僕の場合は1週間ひたすら数をこなして、その後単価の高い案件に挑戦していきました。

ある程度数をこなしたら、単価の高い案件にどんどん応募していきましょう。

月5万を稼ぐなら誰でもできますよ。

 

初心者からWebライターとして独立するには?

副業で月5〜10万なら誰でもできるレベルですが、会社を辞めてWebライターとして独立するのは簡単ではありません。

その人の生活水準にもよりますが20〜30万は必要かと思います。

ここからはただ数をこなすだけでなく、稼ぐための力を身につけなければいけません。

補足:プログラミングの方が独立しやすい

プログラミング案件はライティング案件の何倍も単価が高く、クラウドソーシング上で1件5〜10万で受注できます。

関連記事:初心者から在宅でプログラミング副業する方法まとめ

 

SEOライティングを身につける

Webライティングで本格的に稼ぐならSEOライティングのスキルは必須。

SEOライティングとは、コンテンツのテキスト文章に手を加えてGoogleに評価されやすくするためのSEO対策テクニック。

引用:https://seolaboratory.jp/60669/

例えば「ニキビ 予防」と検索した時に上位に表示される記事ほど、グーグルの評価が高いことになります。

具体的なSEOライティングとして、文章中に「ニキビ」や「予防」といったワードを多く入れることなどがあります。

このようにライティングの他に、

Googleから評価されやすい対策(SEO対策)を施したのがSEOライティングです。

意識しすぎると文章が書けなくなりますが、最低限のことを覚えておくことで専業に大きく近づけます。

ちなみにこちらの記事がSEOライティングについて詳しいですよ。

>>SEOライティングの超基本!初心者が絶対に抑えておくべき12のポイント

 

クラウドソーシング以外で仕事を獲得する

残念ながらどのクラウドソーシングも手数料は20%ほど取られます。

20万円分の仕事をしても自分の手に残るのは16万ということになります。

20万なら専業でも生活してけますが、16万だとちょっと厳しいですよね。

この手数料20%を引かれないためには、クラウドソーシングを利用せず直接仕事を獲得する必要があります。

クライアントもライターと同じく手数料を取られるので、直接依頼できるライターを探しています。

なので実はクラウドソーシング以外でも仕事の依頼が入りやすいのです。

では具体的にどうやって仕事の依頼を直接受けれるか?

おすすめなのはツイッターとブログですね。

 

ツイッター

ツイッターから直接ライティングの依頼がくるということは珍しくありません。

なのでこれからWebライターを始めようと思うならTwitterを始めといて損はありません。

ちなみにTwitterを始める時にはクライアントが見つけやすいよう、プロフィールに「Webライター」をアピールしておくのがおすすめ。

↓このような感じに!

>>ともぞう@Webライター
(ともぞうさん、お借りします!)

>>ツイッター公式HP

 

ブログ

ツイッターと同じくブログでも直接仕事の依頼を獲得できる可能性があります。

しかもブログでお金を稼ぐこともできます。

ブログでお金を稼ぐのに取り組みながら仕事の依頼も入るので一石二鳥ですね。

 

初心者Webライターにおすすめの本

僕が「Webライターとして生きていく!」と決めたきっかけとなった吉見夏実さんの本。

吉見さんが以前主催していたオンラインサロンに入っていたおかげで、月20万以上稼げるようになりました。

 

この記事で紹介したSEOライティングについて詳しく書いているのがこちら。

SEOライティングについて少しでも知識があれば、記事の書き方も全然変わってくるはず。

 

Webライター副業の始め方まとめ!まずは月5万の収入を!

何度も言いますが、月5万ぐらいの収入なら難しくありません。

すぐには稼げませんが、コツコツ取り組んでいけば誰でも到達できるレベルです。

また、実力次第で20万以上稼いで独立することも可能です。

 

ちなみにWebライティングも良いですが、より高いお金を稼ぎたいならプログラミングがおすすめ!

クラウドソーシング上でも1件で5〜10万の案件が多くあります。

初心者でもオンラインスクールを利用すれば受注できるようになるので超おすすめですよ。

SPONSORED LINK

こちらの記事も読まれています!



シェアしていただけると嬉しいです!